「おにぎり」が日本のものと過信してはいけない

世界に誇るフィンガーフードのひとつとして、「おにぎり」を挙げないわけにはいきません。だけど、これを日本固有のものと決めつけてしまうのは、どうやら早計。お米を主食とするミャンマーにも、これと似た食文化があったのです。

少数民族のソウルフード
「シャン・タミン・チン」

ミャンマーに暮らす少数民族(シャン族)が暮らす地域は、国内有数の米どころで、「ヤツワン」という名のどぶろくにも似たお酒が造られていたり、日本とよく似た風土なんだそう。

彼らもまたお米を握って、おにぎり型にして食べるようです。なんでも、現地ではナマズのすり身を入れるようですが、ここでは親しみやすくツナ缶を使って再現。白身魚でもOKですが、生くささの少ない魚を使ってつくる方が食べやすいですよ。

〈材料〉

ごはん:300g
玉ねぎ:1/4個
トマト:1/2個
おろししょうが:小さじ1/2
おろしにんにく:小さじ1/2

A ターメリック:小さじ1/4
A チリパウダー:小さじ1/6
A ツナ缶:1缶(70g)

サラダ油:大さじ1

〈つくり方〉

玉ねぎ、トマトをみじん切りにし、フライパンにサラダ油をひいて中火で熱してから、玉ねぎ、おろししょうが、おろしにんにくを入れて炒めます。トマトとAを加えて水気がなくなるまで炒め煮にしていきます。そこにごはんを混ぜ合わせ、4〜6当分にして丸く握れば完成です。

他の記事を見る
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
ミャンマーの人々が集う高田馬場・リトルヤンゴンのグルメやショッピング、魅力的なカルチャーをリポート。
「日本ミャンマー・カルチャーセンター」所長が語る、高田馬場・リトルヤンゴンの誕生の理由と歴史、そして未来。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。
炒め物や肉詰めなど、ピーマンの独特の苦味はお肉との相性が抜群です。でも、意外と1回では使い切れず、そのままダメにしてしまうことも…。そこで試してみてほしい...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。