3520円でこの高級感。「これは買い!」なディフューザー

いよいよ梅雨入り。リモートワークを継続する人も少なくないなか、湿気まじりの嫌なにおいが部屋に溜まっていると、生産性にも影響が出るというもの。リラックスした状態で気持ちよく仕事に臨みたいものだ。

そこで活躍するのがフレグランスディフューザー。リビング向けの大きなサイズもあるが、手頃な価格でワークスペースの空気を変えてくれるデスク用タイプの活用を推したい。

©retaW

フレグランスレーベル「retaW(リトゥ)」のデスクトップディフューザー。3サイズ展開されているディフューザーのうち、もっとも小さなサイズがこれ。

結論、ボトルデザインも含めてこの高級感で3520円(税込)は買い。他の2サイズは1万円オーバーだが、それらとまったく同じリッチな香りをお手頃価格で堪能できる。

PC作業をするデスクに置いておくと、強すぎず弱すぎずの“ちょうどいい塩梅”で香りが広がってくる。これそ「デスクトップディフューザー」たる由縁。リモート会議に映り込んでもサマになるシックな佇まいも高ポイント(スティックがブラックなのがいい!)。

©retaW
©retaW

小ぶりなサイズと価格を考えると、玄関や洗面所など空間ごとに香りを分けて使うのもいいだろう。

香りは7種類がラインナップ。個人的にはシャンパンとベルガモットをブレンドした果実の香り「EVELYN*」が好みだが、ここはぜひ原宿と名古屋の直営店で自分好みのものを見つけてほしい。全ラインナップが整然と並ぶ、香りのコンビニのような空間での購入体験は、なかなかに印象深いものとなるはず。

公式オンラインショップでも購入可能。

©retaW
Top image: © retaW

関連する記事

上質なのに4,000円以下で買えるルームフレグランスを4つ紹介。
ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...
「スカイスパYOKOHAMA」はオンラインショップも素晴らしい。フィンランド直輸入の興味深い本格サウナグッズがラインナップに並ぶなか、イチオシはルームフレ...
二子玉川 蔦屋家電や伊勢丹 新宿店での販売が決まっているルームディフューザー「Scentee Machina」。洗練された佇まいが目を引きますが、ポイント...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
「Dr. Vranjes」の最高級コレクション「ROSSO NOBILE」のハンドクリームです。
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
パッと見はサボテンだけど、立派なフレグランスディフューザー。DULTONから販売されてる。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
予算を3000円に設定し、4ブランドのハンドクリームをピックアップ。
2019年の一年間に発売した新商品から「Francfranc」のスタッフが実際に買って「いい!」と思ったものを1〜10位までまとめて紹介。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
世界的なテキスタルデザイナーのThomas Paul氏が手掛けた、高級感あふれるステンレス食器セット「Siren Song」。腐食性に優れて味を損なわず、...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
5000円以上の高級ハンドクリームを3つ紹介。
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...