「インコの香り」をイメージしたラーメン、11月15日(いいインコの日)に発売

今年5月に発売して以降、鳥好きの心を鷲掴みにしている「ブンチョウラーメン」。それに続き、鳥好き用ラーメン第2弾となる「インコラーメン」が、鳥好きたちに熱い支持を受ける「ことりカフェ」とコラボレーションし、11月15日(いいインコの日)に発売される。

一体どんな味がするのか? 気になるその味は、インコの「ふんわりとしたクリーミーな香り」をイメージしたという塩とんこつ味。そう聞いただけで、きっと、この記事を読んでいる鳥好きやインコ好きの方々は納得がいったことと思う。

ちなみに製造は「キリマルラーメン」でおなじみの愛知「小笠原製粉」。キリマルラーメンは、昭和40年、愛知県碧南市を中心に、西三河地方で発売されたご当地即席ラーメンで、平成10年に一時生産を中止するも、地元民の熱い要望で復活。小麦・大豆・米粉など国産素材にこだわり、もっちりの食感と、一目で「キリマルラーメン!」とわかる昭和レトロなパッケージで親しまれている。

この、現地では知らない人はいないといわれるソウルフードの仲間として新たに誕生した「インコラーメン」。自分用はもちろん、鳥が好きな家族や友人へのプレゼントにいかがだろうか。塩とんこつラーメンが好きなアノ人にもいいかも……?

©2019 小笠原製粉株式会社

小笠原製粉株式会社

【公式ホームページ】http://ogasawara-seifun.jp/

Top image: © 2019 小笠原製粉株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事