「不治の病」にかかったインコに届く、幸せの贈りもの。

オウム類嘴羽毛病(PBFD)という病気があります。人間ではなく鳥に起こる病気です。ウィルス感染により、すべての羽が抜け落ち、くちばしの形成異常や、器官不全、最悪の場合は死に至ることも。

Isabella Eisenmannさんが“親友”と呼ぶ、インコのRheaのカラダもこの不治の病におかされています。もう二度と飛ぶことはできない。それでも、小さなカラダで必死に生きるRheaの姿に、多くの人々が勇気を与えられています。

見た目も病気も関係ない

健康な体躯で生まれてきたRheaに異常が見つかったのは、2016年の5月のこと。腹部の羽毛の異変は病気であると診断されました。それから2ヶ月もしないうちに、全身から羽が抜け落ちてしまったそうです。

しばらくして、翼を失ったRheaを引き取りたいという人物が現れます。Isabellaさんです。奇病にかかったインコの話題をネットで知った彼女は、マサチューセッツ州の動物病院へ駆けつけました。

こうして出会った1人と1羽。Isabellaさんは言います。

「初めて会った時から親友だから、外見なんて気にしたことない

家に連れて帰るその日に、記念撮影をしようとしたところ、Rheaは彼女の胸に元気よく“飛び込んできた”そうです。羽のない両の翼を懸命にバタつかせ、転がり込むように手のひらへと収まった小鳥の姿に、種を越えたつながりをIsabellaさんは感じたのかもしれませんね。

凍えそうなカラダを
「優しさ」であたためる

羽毛を失ったことで、寒さに非常に敏感なRhea。カラダを冷やしすぎると、死んでしまう可能性も。そのため、室温調整はもちろん、鳥かごの中にも専用のヒーターを設置、夜は必ずかごの周りを毛布で覆うんだそう。

手はかかる、それでも日々の写真をInstagramに公開するうちに、Rheaのがんばって生きる姿を目にした人たちから、やがて小さな服が送られてくるように。

凍えそうなカラダは、いま優しさいっぱいの「愛」に包まれています。

小さなコトリが
大きな幸せをくれた

「Rheaと出会い、彼女の母になり、親友になれたことは最高の幸せです」

これからも、他と違うことを気にせずに「本当の美しさ」を世の中に伝えていきたい、とIsabellaさん。

最後に、ひょこひょこと元気に歩くRheaの姿を。

Licensed material used with permission by Rhea The Naked Birdie
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
同国には、2008年に生き物の権利を守るための法律が細かく制定されていたーーと「The Daily Mirror」が伝えています。たとえば、金魚は社会性が...
目にも鮮やかなプロジェクションマッピングを用いた、視覚で楽しむアートイベント。村松亮太郎氏率いるNAKEDが手がけた、この『FLOWERS BY NAKE...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
1日わずか16名限定“食とアート”が融合する体験型レストランTREE by NAKED yoyogi park〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1丁...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
実際に「Agrilaser」を設置したブルーベリー農家では、年間1000万円以上もあった鳥による被害を99%も減らすことができたそう。
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
11月3日(土)からはじまったライトアップイベント『FLOWERS BY NAKED 2018-京都・二条城』に、先週末2000人もの観光客が並びました。...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...