【閲覧注意】空腹のシャチの前を歩く「鳥」。待っていた、悲惨な結果とは?

サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。
シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥をおびき出して、丸々口の中に入れる様子が捉えられている。

もしかしたら
気分を害する人も…

YouTubeの紹介文には、「もしかしたら気分を害する人もいるかもしれないので、映像を見るかどうかは自己判断で」と書かれているが、この注意書きは決してシャチが鳥を捉えた瞬間に対してコメントされたものではなかった。

ハンティングの後のシャチの行動を動画の紹介文は「丸呑みにした」ではなく「遊んでいる」と説明している。一体どういうことなのか…、動画で確かめてみるといいかもしれない。

※気分を害する可能性があるため、閲覧は自己責任でお願いいたします。


食べる目的以外でも
シャチは動物を殺す

動物の行動として非常に興味深いのは、シャチが鳥を殺した後に食べるわけでもなく、まるで遊んでいるかのように振舞っている様子だ。

アメリカ国立海洋局の野生生物学者、Brad Hanson氏が「Takepart」に語った内容によれば、太平洋岸北西部でもシャチがカモメや海洋生物を殺す姿を目撃されるそうだ。映像と同様に、目的が「食べる」ことにない場合もある。

今のところ、人間は攻撃対象として認識されていないと言われているが、その獰猛なイメージからか、しばしば論文などでは「Killer Whale(殺し屋クジラ)」や「Whale Eater(クジラの捕食者)」とも呼ばれ、学名も「Orcinus orca(冥界の魔物)」となんとも恐ろしげなネーミング。その他にも海のギャングなんて名前を聞いたことがある人も多い。

Hanson氏はシャチが本当に生き物で遊んでいるのかどうかについては、未だわかってはいないというが、まさか水族館でその光景が見られるとは衝撃的ではないだろうか。


Licensed material used with permission by:Takepart (Emily J. Gertz)

見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
実際に「Agrilaser」を設置したブルーベリー農家では、年間1000万円以上もあった鳥による被害を99%も減らすことができたそう。
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
フクロウだって鳥の仲間。当然ながら地面に降りれば、チョンチョン跳ねるように可愛らしく歩く…なんて思っていたら大間違い。現実の姿は驚くほど凛々しかった!ドヤ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
Anja Wülfingさんは、人々の思い出に入り込む巨大な鳥たちを描くアーティスト。大きなカラダで、そっと写り込む鳥たちは、思い出を少しだけユーモラスな...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...