この「影」がきっと未来の自分を癒してくれる

ぽかぽかした陽気の休日。
天気はいいのだけど、どこかに出かけるわけでもなく、風の香りを嗅ぎながら、窓際に座って昨晩買った小説を読んでのんびり過ごす。だんだんウトウトしてきて、やわらかな風を頬で感じながら、気づいたらお昼寝タイム……。

 

こんな休日の過ごし方が、私は好きだ。

窓辺に横たわり、あたたかな光を布団代わりに昼寝するなんて、とても充実していると思う。

窓越しの光が室内に浮き立たせる影の形を目で追いながら、「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。

そんな至福の休日を彩る
そよかぜのスタチュー

© 2018/Artem Zakharchenko
© 2018/Artem Zakharchenko
© 2018/Artem Zakharchenko
© 2018/Artem Zakharchenko

影を楽しむオブジェ「Flight shadows」。

中空に浮く立体的なこのオブジェは、羽ばたく鳥をイメージしたもの。中は空洞で、全部が均等に線でつながれているわけではないけれど、自由に空を舞う鳥の穏やかさや、鳥が乗る風の流れが伝わってくるような気がする。

鳥の下には、真上からの影を型取った黒い台座。この台座のほうが上部の"鳥部分"よりも目立っていて、まさに「影」が主役のよう

このオブジェを窓辺に置けば、太陽の角度によって"本当の影"も室内に広がり、時間帯によって表情を変える影の形が楽しめそうだ。

© 2018/Artem Zakharchenko

昼下がりの窓際、
記憶に残る「影」がインテリア

© 2018/Artem Zakharchenko

豊かな暮らしを送るため、他人に見られる"服"などではなく、ひとりの空間を充実させたいと感じる人は多いと思う。観葉植物だったり、絵画だったり、照明やスピーカーなどのアイテムも、こだわりのモノで揃えたい。

これらが充実してくると、次にほしくなるのがオブジェ。
それならば、それ自体を眺めることはもちろん、そこから生み出される"影"で部屋を彩るという新しい考え方のオブジェはどうだろう。

© 2018/Artem Zakharchenko

デザイナーのArtemさんは、こう話している。

The shadow symbolizing the memory that will always remain with us.
(私たちとともにあり続ける、記憶を象徴する影だ。)

まったりゆっくり過ごすひとりの休日。
休日の貴重な時間をただぼーっと過ごして消費しているのではない。こうしている時間もきっと脳は記憶していて、部屋に広がる影の形を、数年後にふと思い出したりする。
そのときに、窓際でリラックスして過ごした気持ちいい感覚も同時に蘇ってきて、未来の自分自身をも癒してくれるのだと思う。

Top Photo by ©2018/Artem Zakharchenko
Licensed material used with permission by Artem Zakharchenko
子どもの頃に遊んだ、影絵。懐かしい思い出かもしれませんが、ベルギー人の映画製作者で、アーティストでもあるVincent Balさんの影絵は、ちょっとレベル...
場所は、カリフォルニア州レッドウッドシティのダウンタウン。ストリートを歩くとちょっとヘンな状況に気づく。何がヘンって?影ですよ、影。それにしても、何かほの...
バンフから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリー。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
実際に「Agrilaser」を設置したブルーベリー農家では、年間1000万円以上もあった鳥による被害を99%も減らすことができたそう。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達に...
モネやフェルメールの作品が、見る側に自然な輝きを感じさせるのは、色を細かく重ねることで「光の表情」を巧みに捉える描写ゆえ。彼らは光の画家と称されてきたわけ...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...