レーザー光線で鳥を追い払う「ハイテクかかし」

いや〜、この手があったか!という感じです。

のどかな田園風景に似つかわしくないロボットみたいなコイツは、Bird Control Groupが開発した「Agrilaser」。レーザーを照射して、鳥を追い払ってくれるマシンです。言うなれば、“ハイテクかかし”ってところでしょうか。

「Agrilaser」を設置したブルーベリー農家では、実際に年間1000万円以上もあった鳥による被害を99%も減らすことができたそう。

鳥害に悩む農家は日本にもたくさんあるので、近いうちにレーザー光線が活躍する日が来るかも!?

Top image: © Bird Control Group
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
ニューヨーク市で「鳥にやさしい窓」の設置を義務化する法律が可決され話題となっている。この法律の対象は市内の新しく建てられるビルや改修工事がされるビル。今後...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...