波打ち際、案山子(かかし)が狙うのは小魚。

スリランカ最南端の町マタラの海岸線。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わる微かな振動をただずっと待っている。

海中に立てた1本の棒につかまりながら魚を釣る、世界的にも珍しいスティルトフィッシング(Stilt Fishing)。スティルトとは<竹馬>の意。波打ち際にやってくるのは、ほとんどが小魚らしく、近年では伝統漁も観光客目当てのパフォーマンス的要素が強いんだそう。

足早に落ちていく太陽が、朱鷺(とき)色に西の空を染めていた。

ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
ゴールデンウィークの東京・原宿に期間限定で「釣り具屋」がオープン! 人気ブランド「 CHALLENGER」がバスフィッシングにフォーカスした理由とは?
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
実際に「Agrilaser」を設置したブルーベリー農家では、年間1000万円以上もあった鳥による被害を99%も減らすことができたそう。
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。