世界一高いビルの次は「海に浮かぶ家」!?ドバイの建築が想像の斜め上を行っていた

地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、もう驚くこともないでしょう。でも、まだまだトンデモない構想がありました!

ペルシャ湾に浮かぶ
フローティングハウス

ドバイのディベロッパー「Kleindienst」が手がけた海の上に浮かぶ家。総建築費およそ3億1,000万円にもかかわらず、2015年発売以来すでに60戸すべてが完売し、年内には完成予定だそう。

海岸線から、およそ2.5マイル(およそ4キロ)ほど離れた海上に浮かぶこの水中住宅。土地に建てられた物件でないため、実際にはボートとしての扱いらしく、“船上ハウス”というのが正しいくくりだそう。どちらにしたって、ゴージャス感極まりなし!陸上からボートや水上機で海を渡ったあとは、完全にプカプカ海の上での生活。想像つきます?

ペルシャ湾に面したドバイは、スキューバダイビングやシュノーケリング、ジェットスキーなどマリンスポーツがさかん。このタツノオトシゴが浮かぶエリアは、サンゴが生息し魚たちが集まるダイビングスポットでもあるようです。

Kleindienstによると、この浮かぶ家は「マリンスタイルの隠れ家」をイメージしたというのですが…全容を見るに、隠れ家というよりは高級水上コテージといった装い。

海上2階、水中1階立ての
ゴージャスすぎる隠れ家

フロアは3つに分かれ、最上階はペルシャ湾を一望するスカイデッキとジャクジー。大きく窓を開け放ち開放感たっぷりのリビング(1F)の外は、ウッドデッキが広がっていて、そこからそのまま海にダイブすることも。

アクアリウム状態の
ベッドルーム&スパ

これぞ、天然のアクアリウム。水面下に沈んだ建物の地下部は、目の前にサンゴ礁が広がるバスルームと寝室。手足の先がシワシワになるまで、何時間でも入っていられそうですよね。

ところで、気になるのはこの家、海流に流されてどこかへ移動しないの?という点。この部分は動画の中に答えがありました。じつは海上コテージ、単体で海上の好きなところを行き来できる訳ではなく(そもそも動力なし)、いくつかの住宅が集まったユニット上になって海上ドックのような体裁をとっている模様。
もちろん、向きによってプライベートは保たれているようですが…。

自然との共存なるか?
人口サンゴ礁プロジェクト

そもそもこの海上住宅に「Floating Seahorse(浮かぶタツノオトシゴ)」の名がついているのには、こんな意図がありました。海岸開発による生息地減少のため、ペルシャ湾に生息していたタツノオトシゴが年々減少傾向にありました。Kleindienst社CEOのJosef Kleindienst氏は、2015年5月の除幕式でコテージの海中に人口のサンゴ礁の設置計画を公言。タツノオトシゴが繁殖可能な、安全で住みやすい海中環境を同時に実現するプランを発表しました。

Floating Seahoseにやってくる住人が、このコンセプトに共感して豊かな海の生態系を守る努力も必要な人口サンゴ礁プロジェクト。2016年内にまずは住宅の方が一足早く完成予定だそう。

Reference:Tech Insider
Licensed material used with permission by Kleindienst
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
値段相応かは飲まずして語れない!「黄金のカプチーノ」ドバイへ行くなら思い出に一杯飲んでみてもいいかも。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
キラキラと輝きを放つゴールドのハイヒール「The Passion Diamond Shoes」。236個ものダイヤモンドをあしらっていて、なんと一足170...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
日本でも出入国審査の際に顔認証ゲートを使えるようになり、待ち時間の短縮が進んでいる。ドバイ国際空港では、チェックインや搭乗手続きまでも簡略化する様子。