大学内にニンジンを大量投棄したアートが出現!?その抗議方法がユニーク

多数の著名アーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンの「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学のキャンパスに大規模なインスタレーションが展示されているのだが、それが少々問題になっているようだ。

問題となっているのは「Grounding(2020)」と名付けられたアート作品。大量のニンジンが地面に積み上げられているというものなのだが、そのニンジンの量......なんと約31t(トン)

© goldsmithscarrots/Instagram

製作者である芸術家ラファエル・ペレス・エヴァンス氏は「“ダンピング”という農民の抗議活動を基にした作品であり、ニンジンは家畜用のものを使用している」と主張しているようだが、4人の同校の学生がこのアート作品自体がフードロスにつながっていると抗議。

彼らは、すぐさま「@goldsmithscarrots」というInstagramアカウントを作成し、なんとアート作品の真横でニンジンをスープやケーキに加工して販売をおこなったのだ。

結果、寄附金も合わせて£1600(記事執筆時約22万円)を集めたこの抗議活動。集まったはお金はすべて地元のフードバンクに寄付されるとのことだ。

エヴァンス氏は「より多くのアーティストが新しいアートに反応し、作品が投げかける疑問について対話できることを非常に嬉しく思っています」とコメント。

自身のアート作品について反省はしていないようであるが、この作品がアートに関する議論を活発にさせたことは間違いないだろう。

© goldsmithscarrots/Instagram
Top image: © iStock.com/Gwengoat
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米国での事件を発端に、世界中で起きている抗議活動。NY市議会議員がインスタに投稿したのは、安全にプロテスト(抗議活動)するためのガイドライン。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
世界中で愛される「ティファニー」は、日本でも人気の高いブランドで、とくに、婚約指輪や結婚指輪の“定番のブランド”と認識している人も多いかもしれない。そんな...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
先週、NYはロウアー・マンハッタンの市庁舎街にある「フォーリー・スクエア(広場)」に、Black Lives Matter運動に敬意を表した600フィート...
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
「University College London」の研究によると、数ヵ月に一度のペースで芸術鑑賞をする人はそうでない人と比べて31%も死亡リスクが低い...
家で過ごす人々と作品発表や販売の機会を失ったアーティストの作品をつなぐことを目的にした期間限定ECサイト「ONE ROOM ART」。
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
深刻化するフードロス問題。買い過ぎや作り過ぎで余った食材を簡単にシェアできるアプリ「OLIO」で“もったいない”をなくそう。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
スイーツの余剰や、コロナ禍で行き先を失った食品、チョコレートの未利用製菓材料で作ったサステイナブルなチョコレートなどが、3月24日から29日まで横浜そごう...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...