大学内にニンジンを大量投棄したアートが出現!?その抗議方法がユニーク

多数の著名アーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンの「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学のキャンパスに大規模なインスタレーションが展示されているのだが、それが少々問題になっているようだ。

問題となっているのは「Grounding(2020)」と名付けられたアート作品。大量のニンジンが地面に積み上げられているというものなのだが、そのニンジンの量......なんと約31t(トン)

© goldsmithscarrots/Instagram

製作者である芸術家ラファエル・ペレス・エヴァンス氏は「“ダンピング”という農民の抗議活動を基にした作品であり、ニンジンは家畜用のものを使用している」と主張しているようだが、4人の同校の学生がこのアート作品自体がフードロスにつながっていると抗議。

彼らは、すぐさま「@goldsmithscarrots」というInstagramアカウントを作成し、なんとアート作品の真横でニンジンをスープやケーキに加工して販売をおこなったのだ。

結果、寄附金も合わせて£1600(記事執筆時約22万円)を集めたこの抗議活動。集まったはお金はすべて地元のフードバンクに寄付されるとのことだ。

エヴァンス氏は「より多くのアーティストが新しいアートに反応し、作品が投げかける疑問について対話できることを非常に嬉しく思っています」とコメント。

自身のアート作品について反省はしていないようであるが、この作品がアートに関する議論を活発にさせたことは間違いないだろう。

© goldsmithscarrots/Instagram
Top image: © iStock.com/Gwengoat
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米国での事件を発端に、世界中で起きている抗議活動。NY市議会議員がインスタに投稿したのは、安全にプロテスト(抗議活動)するためのガイドライン。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...