お馴染みの「M」が看板にあるフードバンク

フランス・マルセイユ北部にあるサンバルテルミー地区に誕生したフードバンク「L'Apres M」

英語で「The After M(Mの後)」の意味を持つこの施設は、一目見れば分かるように「マクドナルド」の店舗を改装して誕生した場所だ。

サンバルテルミー地区は、マルセイユでもっとも貧しい地域とされ、貧困率は40%を超えるといわれている。

次々と店舗が撤退する同地区において、この地区にあった「マクドナルド」は地域住民にとって数少ない食堂であり、77人の従業員を抱える貴重な雇用の場所であった。

しかし、残念ながら、同店は2019年末に撤退。地元住民と従業員が嘆くなかで、この場所は住民を支援するフードバンクの拠点になったのだ。

運営しているのは元従業員支援団体のボランティアたちで、全国から送られてくる食糧が必要な人々へ配られているという。

また、支援が始まった初日には、地元レストランや支援者が集まってビーガンハンバーガーが1000食分無料提供されたとのこと。

今後も職業訓練所ソーシャルレストランが併設され、同地区の社会福祉としての役割を担っていくようだ。

Top image: © 2020 L'Après M
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...