お馴染みの「M」が看板にあるフードバンク

フランス・マルセイユ北部にあるサンバルテルミー地区に誕生したフードバンク「L'Apres M」

英語で「The After M(Mの後)」の意味を持つこの施設は、一目見れば分かるように「マクドナルド」の店舗を改装して誕生した場所だ。

サンバルテルミー地区は、マルセイユでもっとも貧しい地域とされ、貧困率は40%を超えるといわれている。

次々と店舗が撤退する同地区において、この地区にあった「マクドナルド」は地域住民にとって数少ない食堂であり、77人の従業員を抱える貴重な雇用の場所であった。

しかし、残念ながら、同店は2019年末に撤退。地元住民と従業員が嘆くなかで、この場所は住民を支援するフードバンクの拠点になったのだ。

運営しているのは元従業員支援団体のボランティアたちで、全国から送られてくる食糧が必要な人々へ配られているという。

また、支援が始まった初日には、地元レストランや支援者が集まってビーガンハンバーガーが1000食分無料提供されたとのこと。

今後も職業訓練所ソーシャルレストランが併設され、同地区の社会福祉としての役割を担っていくようだ。

Top image: © 2020 L'Après M
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
スウェーデン発祥の家具量販店「IKEA」は、オンラインフードデリバリーサービスの試験運用をフランス・パリで開始することを発表。結果次第で、ヨーロッパ各国に...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
多数の著名なアーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンにある「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学キャンパスに大量のニンジンを用いたインス...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
自動配達ロボットの開発を手がける中国のスタートアップ「新石器(Neolix)」と「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がコラボレーションを実施。そして、...
深刻化するフードロス問題。買い過ぎや作り過ぎで余った食材を簡単にシェアできるアプリ「OLIO」で“もったいない”をなくそう。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
デンマークの「Simple Feast」が制作した広告ブロッカーなら、ジャンキーなネット広告を、野菜を使ったユーモラスなGIF画像に置き換えてくれる。