日本発の代替タンパク質は「蚕」!次世代食品「シルクフード」の販売店オープン

「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品「シルクフード」の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道に期間限定でオープン。

「シルクフード」とは、原料に「蚕」を使用した次世代の高栄養価なサステナブルフード。徹底的に「おいしい」を追求し、試行錯誤を重ねたメニューは、特徴である「コク」や「甘み」といった風味の長所を存分に感じる仕上がりに。

同店では「ハンバーガー」「スープ」「スナック」「ケーキ」を皮切りに、主食、副菜、デザート、飲料など、最終的には10種類弱のメニュー展開を予定

将来的な人口増加を見据え、牛や豚、鳥といった従来のタンパク質に代わる環境への負担が少ない「昆虫食」や「植物肉」「代替肉」を開発する動きが活発になっている昨今。

古来より、上質な衣服の材料とされてきたのと同じように、昆虫食として......いや、人類の未来を担う食材として「シルク」が重宝されるようになるのか。今後の動きをチェックしておくべき新店の登場である。

「シルクバーガー」単品1100円、セット(スープ/ポテト/ドリンクから選択)1500円 ©エリー
「シルクスープ」単品(パスタ入り)650円 ©エリー
「シルクスナック」600円 ©エリー
「シルクシフォンケーキ」カット500円 ©エリー

『シルクフードラボ』
【住所】東京都港区南青山3-13 COMMUNE内
【営業時間】平日休日ともに11:30~20:00
【期間】2020年3月末までを予定
【インスタグラム】https://www.instagram.com/ellie_silkfood/

Top image: © エリー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
表参道COMMUNEに出店している「SILK FOOD(シルクフード)」で「蚕(かいこ)のお菓子」を食べてきたで!未来のタンパク源として注目を集めている「...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
9月1日、東京・表参道で台湾発のタピオカスムージー店「ボビーフルーティー」のポップアップストアがオープン。9月30日まで期間限定で休まず営業する。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
アメリカ・ニューヨーク発祥のハンバーガーチェーン「シェイクシャック」がお家キャンプのグッズを発売。新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントが中止、延...
10月14日、4ヵ月限定のフードコート、その名も「ツカノマノフードコート」が渋谷にオープン。新ジャンルの創造を目指すお店や、普段はお店を持たない飲食ユニッ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売とな...
米国の老舗成人向けメディア「PLAYBOY」が最新のデジタルカバーにプエルトリコ出身の男性アーティスト、バッド・バニーを起用。マリリン・モンローやナオミ・...
「Airbnb」が「渋谷区観光協会」とコラボしたバーチャルで渋谷カルチャーを探索できる「オンライン体験プログラム」が7月2日より開始された。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。