昆虫食の「ANTCICADA」より「カイコの糞」を使った蒸留酒が発売

コオロギラーメンなどで知られる「ANTCICADA(アントシカダ)」「mitosaya薬草園蒸留所」が、蚕沙(さんしゃ/カイコの糞)を材料に使用した蒸留酒「SANSHA - Mulberry and Silkworm droppings」を共同開発。7月26日より、オンラインショップなどで販売を開始した。

桑の実であるマルベリーのブランデーと、約150年続く養蚕農家「アシザワ養蚕」の鮮度の良い蚕沙のスピリッツをブレンドしたこのお酒。古くから漢方として愛飲されてきた蚕沙は、血液の流れをよくしたり、神経痛関節痛胃痛にも効くとされている。

このお酒の特徴は、玉露のような奥深い香りと、蒸留酒ならではの心地よく残る余韻。ミルクチョコレートやアールグレイのシフォンケーキなど、ほんのりまろやかに甘いスイーツとともに飲むのもオススメだ。

昆虫食ときいて二の足を踏んでしまう人も挑戦しやすく、クセになっちゃう人もいるのでは?

ANTCICADA 昆虫食 カイコの糞 蚕沙
©Join Earth
ANTCICADA 昆虫食 カイコの糞 蚕沙
©Join Earth

『SANSHA - Mulberry and Silkworm droppings/Working with ANTCICADA』
【使用素材】マルベリー、蚕沙、ライススピリッツ
【内容量・価格】100ml 2200円(税込)/500ml 9680円(税込)
【販売場所】mitosaya薬草園蒸留所 ウェブサイトhttps://mitosaya.com)7月26日10:00〜

※今後、ANTCICADA店舗での販売も予定しています。
【公式Instagram】@antcicada

Top image: © Join Earth
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年春にオープン予定の昆虫食レストラン「ANTCICADA」。コオロギラーメンのほか、コースで味わう昆虫料理も提供する。
昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA」が、「コオロギ醤油」を開発。来年1月8日まで実施しているレストラン開業へ向けたクラファンページなどで入手可能。
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
表参道COMMUNEに出店している「SILK FOOD(シルクフード)」で「蚕(かいこ)のお菓子」を食べてきたで!未来のタンパク源として注目を集めている「...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
株式会社MNHが、新商品「未来コオロギ柿の種」を6月15日より先行発売することを発表した。味は、アヒージョ味(スペイン)、タコス味(メキシコ)、トムヤムク...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。