高校生必見!「スタンフォード」によるオンライン講座が今年も開講

「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」

毎年春と秋シーズンにおこなわれるオンラインコースプログラムが、2021年春セッションの出願を募集するようだ。

同プログラムは、日本全国から集まる優秀な高校生たちが、「スタンフォード大学」が提供するアメリカ全土の大使一流の学者専門家を招いたオンライン講義を受講できるというもの。

授業内容は、米国の社会と文化を中心としたものやシリコンバレー起業家精神などの現代的なトピック、そして日米関係に焦点を当てたもの。

なお、コースを修了した学生には、スタンフォード大学から修了証が送られるほか、成績優秀者数名には「Stanford e-award」が授与され、翌年におこなわれるスタンフォード大学での表彰式に招待される。

もちろん、出願にあたっては入念な準備が必要で、授業も英語で実施されるため相当に高いレベルが求められるようだが、意欲のある高校生にとって、非常に貴重な体験になることは間違いないだろう。

来年春からのセッションの願書受付は11月15日〜12月31日。もしまわりに高校生の知り合いがいる方は、このチャンスを見逃さないように、詳細を連絡してあげてはいかがだろう。

『SPICE Stanford e-Japan』
【開講】2021年2月〜6月
【日程】土曜日午後(月に2〜3回程度)
【募集受付】11月15日〜12月31日

Top image: © iStock.com/Ridofranz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事