プラスチックを肥料に変える「虫」が発見された・・・

スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもありますよね。

科学誌、ACS Scienceに掲載された発表によれば、100匹で毎日約40ミリグラムほど(錠剤1粒ほど)の発泡スチロールを消費し、分解できたようです。

食べたプラスチックが
肥料に変わる

00c647ed3f1e0cb06c59360c87ad3b4ccce242d8

ミルワームが食べたプラスチックは、排泄物として二酸化炭素や生物分解性廃棄物へと変わります。調査の結果によれば、自然に還るだけでなく肥料として農作物などに安全に再利用できます。

実は、ゴキブリを含むその他の昆虫もプラスチックを食べることはありました。が、分解能力を持ってはいなかったのだとか。

腸内環境を再現できれば
大量処理できるかも

0ab37f9896410065fa9dca798ea60c01a3f52af1

このミルワームの腸内環境を分析し処理技術に活かせれば、大量のプラスチックゴミを肥料として再利用できるかもしれません。

CNNには、研究者のこんなコメントが。

「この発見は、環境科学におけるここ10年間の進歩の中でも最も大きな発見のひとつだと思います」


Reference:ACS Science, CNN,
Licensed material used with permission by Dr. Jun Yang
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...
天然成分だけを用いた虫よけグッズが、セレクトショップの結構“いい位置”を占有する。「カラダにも環境にもやさしい」が、もはや単なるトレンドではなく着実に生活...
プラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖で人間の体まで到達する厄介なシロモノだ。これをなんとか有効活用できないもの...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
一部の甲虫類は光を当てると不思議な色に輝き、見方を変えればこの世のものとは思えない美しさを放っています。その虜になってしまったのが、ミラノのカメラマンFr...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
ビール会社CORONAがNPO団体Parley for the Oceansと連携。メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアの島で、プラスチッ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生物学を学...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...