罪悪感のない「使い捨て」BBQコンロ

1回こっきり使い捨てBBQコンロ。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、これで約850円と値段もまあまあ。

もちろん罪悪感ゼロかと言われれば、それもまた難しいところではあるけれど、少なくともあの後片付けから解放されるとなれば、食指が動いたとしても不思議はないんじゃないかな。

デイパにINできる
超お手軽BBQコンロ

Dec1ac7cf91a8b82e948a442cd36b1308eef5d69

この「CasusGrill」は、タテヨコおよそ30cm × 23cmというから、だいたい電話帳くらいのサイズ感。

可能な限りコンパクトに、さらには環境にやさしいつくりを追求した結果が、おなじみスチールやステンレスものではなく、ボール紙製の組み立て式だった。

A46ce32e1d320c11d9d854d595bac723d540180d

これでBBQなんて冗談?と疑ってしまう。ところが、デンマークのメーカーは太鼓判。「どんな食材でも十分おいしく焼きあげますよ」と。

生分解性100%の天然素材
だから、網も竹串で

F1e28f84b3b7eabff44f342685b450fcfef7402bDed7bdd2a7f7f23ce3d8118ba255305ac89f4d15

少なくとも地球へのやさしさを考えて開発されたということだけは、はっきりしている。

持続可能な木材の生産と流通を認証する国際機関(FSC)の認定を受けたボール紙のボディ、中にはドーナツ状の竹炭。さらにその外側を白いつぶつぶの溶岩覆う。これが熱を逃がさず、いくら炭が燃えてもコンロ自体を燃焼させない役割らしい。もちろんボール紙を触っても大丈夫。

断熱ができてしかも軽い、素材セレクトもナイス。そうそう、溶岩といえば遠赤外線や消臭効果もあるわけだから、たしかに理に適ったつくりだと言えるのでは。

さらに、聞けば網には竹串を用いているそうだけど、これが意外に燃えてどうしようもないことにはならないみたい。

D98b83243c6307197496af7f594e94911e1b21cc

組み立てにかかる時間はおよそ5分。使い慣れたコンロでも、さすがにこうはいかないだろう。ちなみに燃焼時間はおよそ1時間。

使用後はこんな感じ

27fded31ad293f83dfbb8e170a35a217a0e9f01a

そもそも、きれいに洗ってメンテすればいいだけの話。だけど、汚れたコンロの後片付けをしなくていい……本音を言えば、これ以上ありがたいことはない。

なんとなく「捨ててしまう」こと自体に、罪悪感が付いて回るというのは考えすぎ?まあ、手軽さ最優先という人にはいいのかも。

Licensed material used with permission by CASUS GRILL
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
アウトドアファニチャーを得意とする〈OUTSIDE IN〉の「ステンレス ファイヤーストーブ」です。キャンピングカーやウハートマーク、ドングリや木の葉のカ...
Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『M...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
非日常的な空間で、ホンモノのバーベキューが楽しめる「REALBBQ PARK(リアルバーベキューパーク)」は、2時間半、1組限定の完全予約制。そう聞いただ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
手ぶらで行けるスポットが続々オープンするなど、日本でも人気が定着した感のあるバーベキュー。「grubstick」で料理の幅を広げてみませんか?5つのアタッ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
アウトドアの季節、外で何を食べますか?バーベキューでお肉?カレー?お決まりのメニューももちろんおいしいですが、さらに本格的な料理ができたらもっと楽しいと思...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
キャンプ場や河原など、屋外で食べるゴハンの美味しさったらない。でも、BBQとなるとそれなりに人数を集めていくものだし、子どもがいると火の扱いにも気をつかう...