約8時間→20分間!究極の時短を実現した「水出しコーヒーメーカー」

水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあり、いまではインテリア性にこだわったモノまで販売されています。そんななかで、一際目をひく機能を持つのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー」です。

ポンプを使って水を何度もコーヒーフィルターに通す循環ドリップ構造を搭載したことで、とんでもない時間短縮を実現しました。一般的にちゃんと飲めるまでに8〜10時間もかかる水出しコーヒーを、わずか20分間待つだけで楽しめるように。

付属のアイスコンテナを装着し、氷を入れて、スイッチを押せば、抽出されたコーヒーを冷やすことも。短時間でキンキンに冷えた水出しコーヒーを飲めるなんて。これからの季節、間違いなく重宝します。さらに、抽出効率をとことん追求したことで、従来のポットタイプよりもコーヒー豆を約30%節約できるというメリットもあります。

いまはユニークな機能かもしれませんが、これが世の水出しコーヒーメーカーにすべて採用されることを願います。

それぐらいスゴイ機能だと思うんですよね、コレ。

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事