約8時間→20分間!究極の時短を実現した「水出しコーヒーメーカー」

水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあり、いまではインテリア性にこだわったモノまで販売されています。そんななかで、一際目をひく機能を持つのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー」です。

ポンプを使って水を何度もコーヒーフィルターに通す循環ドリップ構造を搭載したことで、とんでもない時間短縮を実現しました。一般的にちゃんと飲めるまでに8〜10時間もかかる水出しコーヒーを、わずか20分間待つだけで楽しめるように。

付属のアイスコンテナを装着し、氷を入れて、スイッチを押せば、抽出されたコーヒーを冷やすことも。短時間でキンキンに冷えた水出しコーヒーを飲めるなんて。これからの季節、間違いなく重宝します。さらに、抽出効率をとことん追求したことで、従来のポットタイプよりもコーヒー豆を約30%節約できるというメリットもあります。

いまはユニークな機能かもしれませんが、これが世の水出しコーヒーメーカーにすべて採用されることを願います。

それぐらいスゴイ機能だと思うんですよね、コレ。

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
レーザーカッターで開けた直径0.2mmの極小穴から、24時間かけてじんわり抽出するコールドブリューコーヒーメーカー「ARCTIC」。おうち時間のおともに!
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
イギリスから日本初上陸したポータブルコーヒーメーカー「Brewer Mug」。今月16日から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタート。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。