目覚めの一杯から、就寝前まで。時間帯別「美味しいコーヒー」の作り方

最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特徴、挽き方、抽出時間など、ポイント解説付きで紹介しましょう。

朝のスタートは、
「シャキッと目の覚める一杯で」

rustic breakfast

コーヒーが目覚まし代わりになるというのはいまや常識。確実に目を覚ますために、ここはあえて、コクと苦味のある深煎りタイプがおすすめ!

●おすすめの豆・マンデリン(インドネシアのスマトラ島で生産している、高級銘柄。酸味は控えめで、コクと苦味のバランスが◎)・ブラジル(ブレンドのベースとして使用されることが多く、柔らかな酸味と苦味の調和がとれていて、後味に透明感がある)
●おすすめの焙煎度合い深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_01

昼食後は、
「後味すっきりのコーヒー」

shutterstock_116966062食後にぴったりなのが、すっきりタイプのコーヒー。フルーツのような香りや爽やかな酸味も一緒に楽しんでみては?

●おすすめの豆・グァテマラ(フルーツのような風味が特徴。苦味は軽やかで、ほどよい酸味がある)・コスタリカ(上品な酸味と芳醇な香りがある。深いコクと苦味が特徴)
●おすすめの焙煎度合い中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_02

おやつを食べるなら、
「コクのあるしっかりタイプが◎」

R

チーズケーキやガトーショコラなど、濃厚な味わいのスイーツとの相性を考えたら、コクのあるしっかりしたタイプのコーヒーがおすすめ!

●おすすめの豆・ハワイコナ(柔らかな酸味があって、豊かな香りとコクが感じられる。その上、口当たりがなめらか)・エチオピア(コーヒーの発祥地と言われている地域。一番の特徴はフルーティーな香りと酸味)
●おすすめの焙煎度合い浅〜中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_03

夜の就寝前は、
「ミルク入りにしたり、カフェインレスを選んでみる」

shutterstock_230940307軽めのタイプのコーヒーをチョイスして、少量の牛乳を入れてのむのがオススメ。目が冴えるのが心配という人は、カフェインレスにしてもOK。

●おすすめの豆・ペルー(まろやかな酸味とやさしい香りがある)・カフェインレス
●おすすめの焙煎度合いやや深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_04

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年11月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号はコーヒー特集です。

よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
ここで紹介するのは「YourTango」のライターBrooke Larkさんがオススメするコーヒーの作り方。それもただのコーヒーではなく、飲むだけで精力が...