目覚めの一杯から、就寝前まで。時間帯別「美味しいコーヒー」の作り方

最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特徴、挽き方、抽出時間など、ポイント解説付きで紹介しましょう。

朝のスタートは、
「シャキッと目の覚める一杯で」

rustic breakfast

コーヒーが目覚まし代わりになるというのはいまや常識。確実に目を覚ますために、ここはあえて、コクと苦味のある深煎りタイプがおすすめ!

●おすすめの豆・マンデリン(インドネシアのスマトラ島で生産している、高級銘柄。酸味は控えめで、コクと苦味のバランスが◎)・ブラジル(ブレンドのベースとして使用されることが多く、柔らかな酸味と苦味の調和がとれていて、後味に透明感がある)
●おすすめの焙煎度合い深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_01

昼食後は、
「後味すっきりのコーヒー」

shutterstock_116966062食後にぴったりなのが、すっきりタイプのコーヒー。フルーツのような香りや爽やかな酸味も一緒に楽しんでみては?

●おすすめの豆・グァテマラ(フルーツのような風味が特徴。苦味は軽やかで、ほどよい酸味がある)・コスタリカ(上品な酸味と芳醇な香りがある。深いコクと苦味が特徴)
●おすすめの焙煎度合い中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_02

おやつを食べるなら、
「コクのあるしっかりタイプが◎」

R

チーズケーキやガトーショコラなど、濃厚な味わいのスイーツとの相性を考えたら、コクのあるしっかりしたタイプのコーヒーがおすすめ!

●おすすめの豆・ハワイコナ(柔らかな酸味があって、豊かな香りとコクが感じられる。その上、口当たりがなめらか)・エチオピア(コーヒーの発祥地と言われている地域。一番の特徴はフルーティーな香りと酸味)
●おすすめの焙煎度合い浅〜中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_03

夜の就寝前は、
「ミルク入りにしたり、カフェインレスを選んでみる」

shutterstock_230940307軽めのタイプのコーヒーをチョイスして、少量の牛乳を入れてのむのがオススメ。目が冴えるのが心配という人は、カフェインレスにしてもOK。

●おすすめの豆・ペルー(まろやかな酸味とやさしい香りがある)・カフェインレス
●おすすめの焙煎度合いやや深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_04

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年11月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号はコーヒー特集です。

よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
気仙沼港は、メカジキの水揚げ量が日本一。国内有数の豊かな水産資源を活かすべく、地元のオリジナルブランド「OIKAWA DENIM」が開発したのが「メカジキ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれ、味はオリジナルとバニラの2種類が用意されている。
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……