お家で手軽に「焙煎の楽しみ」まで味わえる「KOGU 珈琲考具 回転式ロースター」

金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」。家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのためのオリジナル道具に新たに「回転式ロースター」が登場した。

©Makuake
©Makuake

「気軽に自家焙煎が楽しめる」と、早くも期待を集めているが、焙煎はコーヒー好きの最終到達点。一朝一夕で身につくものとも思えないが……どうやらこのロースター、簡単操作で手軽に“おうち焙煎”を楽しめてしまうらしい。

この手の自家焙煎機というと、フライパンを左右に揺するように生豆を煎る手網のモノも多いが、KOGUのロースターは前述の通りの回転式ガス台カセットコンロにセットして、ハンドルをくるくると回すだけ。

これでムラなく焙煎できる仕掛けは、本体内部に設置された金属板のハネにあり。回転しながら満遍なく豆をかき混ざるため、ムラができにくいというわけだ。それでいて手首にかかる負担も手網に比べ、断然少ない。

©Makuake

ところで、豆の種類や焙煎の時間によって仕上がりがまったく違ってくるのが、コーヒー焙煎のおもしろいところ。どうやら今年は、いかに「おうち時間」と上手に付き合っていくかがポイントになりそうだし、浅煎り中煎り深煎りと、少しずつ探りながら自分好みの味に近づけながら、日々のコーヒーライフを満喫してみてはいかがだろう?

「Makuake」経由だと20%OFFの1万5800円(税込)。生豆がセットになると1万7200円。ちなみに、生豆は同じく新潟の人気カフェ「LOG COFFEE」「ROAST CAFE」のバリスタによるスペシャルティコーヒー豆のブレンドだそう。

『KOGU 珈琲考具 回転式ロースター』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/coffee-kogu03/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を9月上旬から...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
8月1日、日本を代表する京都発のロースター「小川珈琲」の旗艦店「OGAWA COFFEE LABORATORY」が東京・桜新町にオープン。
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。