自家焙煎コーヒー

同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
カッピングスプーンは、抽出したコーヒーをすくって、液体を強くすするための道具です。霧状にして口のなかに含むと、コーヒーの質の良し悪しを客観的に判別出来るん...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...