「グリーン預金」?「環境預金」?……って、なに?

グリーン預金(環境預金)」の取り扱いを今月内にも開始する方針だと「三井住友銀行」が発表した。

ドル建てで国内外の企業から募集し、2000億円程度の預金規模を目指すというこの預金。再生可能エネルギー発電など環境に配慮した事業分野への融資で運用するという。

金利の水準は通常の定期預金と変わらないが、預ける企業のメリットとしては、「グリーン預金」に切り替えることで世界的な脱炭素社会の実現に貢献できる点だ。

日本の銀行が導入するのは初めてということだが、これを機に基本企業のESG(環境・社会・企業統治)への取り組みが加速するかもしれない。

Top image: © VectorMine/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事