「ALDENのシューホーン」は、グリーンに惚れます

先日、「ETTINGERのシューホーン」を紹介しましたが、反響が大きかったのでこちらも。

コードバン(馬の臀部の革)で作られる革靴で、世の男性を虜にしているアメリカのシューズブランド「ALDEN(オールデン)」のものです。

先に言っちゃいますね。

なんと、価格は税込1,080円。ALDENなのに1,080円です。

プラスチックで軽量だから、外出時はとりあえずバッグに入れておけばいい。コンパクトさだけでいうと他ブランドのものに分がありますが、そのぶんバッグの中での視認性もいい。これくらいのサイズのほうが、使い勝手だっていい。

©TABI LABO 2019

深みのあるグリーンとゴールドのブランドロゴの刻印。この組み合わせがまた、いいんです。他にブラックやホワイトがあるわけじゃなく、グリーンのみの展開。潔さにもグッときます。

せっかくなんで、持ち手のホール部分にはレザーコード(百均も悪くないけど、ここはシューレースを代用したいところ)をつけるのもオススメ。グリーン、ゴールド、そしてブラウンのコンボは相当シブいです。

購入は、青山もしくは丸の内のラコタハウスで。自宅用と持ち運び用の両方を揃えてもいいレベル!

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
世の中に存在するシューホーンの中でも、間違いなく最高ランク。英国王室御用達を掲げる老舗「ETTINGER(エッティンガー)」のものです。
イギリスの紳士靴メーカー〈GRENSON(グレンソン)〉のノヴェルティ。トラベルティナルな水牛の角で作られたシューホーンです。有機的な色彩やレザーコードが...
クラウドファンディングのMakuakeで支援募集中の「シュードライヤー」を紹介します。プロジェクト開始一週間で500%を超える達成率で話題です。
スニーカー好きにとって、絶対にこだわりたいのがスニーカーケア。おさらいの意味も込めて紹介したいのが「Sneaker LAB」のシューケア用品です。
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉のシューホーンです。本体は折りたたみ式になっていて、専用のケース付き。
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉から発売されている「ペーパークリーナー」。袋分けされているので出先でもスニー...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
食品加工会社「ゼネラル・ミルズ」のマスコットキャラ「グリーンジャイアント」。緑の大巨人の友だち・リトルスプラウトの秘密とは?
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
手元に置いておきたくなる、持ち歩きたくなる、靴べらなしでスポッと履けちゃう靴にも使いたくなる。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?