まるで「ホビット」の世界。3日間で建てられる、エコでグリーンな家

ホビットが出てきそう!と注目を集めているこちらの家々。組み立て式になっており、専門的な知識も技術も必要なく、大人3人いれば3日間で建設できます。

自分で建てられる
ドーム型の小さな家がイイ感じ!

そのサイズもあって、ちょっと辺鄙なポイントにも設置可能。

雪国でもOK!

繋げて拡張もできちゃいます。

これまでの画像を見るとちょっと小さく見えるかもしれませんが、WEBサイトに掲載されている13種類のデザインを見てみると中は広々。たとえば、80平米あるコチラの「EMERALD」セット…

中は見た目以上に
広いんです

ね、イイ感じでしょう?組み立て方も簡単だそう。重機や特別の機材はいらず、誰にでも建てられます。

土や緑で建物を覆って完成!ちょっとした洞窟ホテルのようにも見えます。さらに…

球体型も!

繋げる!

遊べる!

ペイントもできるそうなので、イベントにも使えそう!こちらの球体型は1個11,000ドル(約135万円)で販売中。約28平米で重さは1個あたり250kgです。

その他については、どんな地形にどんな形で建設したいのか、まずはそのデザインを相談してから。10日ほどで見積もりをつくってくれるそうです。

ちなみに、かなり壁が薄いように見えますが、素材には小型船舶や自動車、鉄道車両の内外装にも採用されている強化繊維プラスチックが使われており、安くて頑丈。

屋根は200kgほどまで重量負荷に耐えられる設計です。大人2人程度なら上を歩くくらいは問題ナシ。プレハブを建てたい人の新たな選択肢になるかもしれませんね。一度問い合わせてみては?

Licensed material used with permission by Green Magic Homes
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
食品加工会社「ゼネラル・ミルズ」のマスコットキャラ「グリーンジャイアント」。緑の大巨人の友だち・リトルスプラウトの秘密とは?
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
危機的状況が続くなか、ファッションブランドも新型コロナ対策支援に取り組んでいる。「グッチ」と「H&M」は、「世界保健機関(WHO)」にSNSアカウントを提...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。