いま必要な「Go To」とは?持続可能な未来を目指す『#GoToGREEN プロジェクト』

コロナ禍で過ごした一年だったけど、来年こそは以前の「Beforeコロナ」に……と先のことばかり考えるのではなく、今だからこそ「新しく持続可能な社会を築いていく」ことに取り組もう。

そんな、現在のピンチを乗り越え、より健康な地球へリカバリーするチャンスに変えようというのが、「グリーン・リカバリー」という考え方だ。

この啓発や情報発信などを行なうのが公益財団法人「世界自然保護基金ジャパン(以下、WWFジャパン)」による『#GoToGREEN プロジェクト』。活動を2020年12月21日(月)からスタートしている。

©WWFジャパン

環境を重視して、サステナブルな未来を目指したコロナ禍からの復興策「グリーン・リカバリー」だが、調査によると、認知度は残念ながら20%以下という。また、70.2%の人が、環境に配慮した持続可能な暮らしはしたいが、 何を実践すればいいか分からずにいる現状もある。

©WWFジャパン
©WWFジャパン

そこで「WWFジャパン」は、今回の『#GoToGREEN プロジェクト』を立ち上げ、多くの人が"本当に向かうべき社会は何なのかを考え、失いたくないものを守るために当たり前を見直すキッカケ”になるよう、啓発や情報発信を進めていくことに。

地球環境の現状や世間の認識などの実態調査事例の紹介、企業やオピニオンとの連携イベント企画など、環境と経済に関する様々なアクションを通じて、社会に「グリーン・リカバリー」を推進。

じつは「TABI LABO」も賛同し、協力メディアとして名を連ねている同プロジェクト。今後の活動にもぜひ、注目してもらいたい!

『#GoToGREEN プロジェクト』

【特設サイト】
https://www.wwf.or.jp/campaign/gotogreen/
【賛同者の一部例】
イケア・ジャパン株式会社、ヤフー株式会社運営(ヤフーネット募金、エールマーケット、Gyoppy!)、住友生命保険相互会社、タイガーモブ株式会社、イケウチオーガニック(タオルメーカー)NEUTmagazine(メディア)、生活共同体「TSUMUGI」(コミュニティ)、滝川クリステル(一般財団法人代表理事)、井田寛子(気象予報士)、龍崎翔子(ホテル経営)、赤澤える(ファッションブランド経営)、TABI LABO(メディア)
※敬称略、順不同

Top image: © WWFジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事