たった2秒でパソコンを破壊する「USBスティック」が怖すぎ・・・(動画あり)

ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBスティック。が、これをパソコンに接続すると…。

接続した途端、
パソコンが壊れる!?

th_スクリーンショット 2015-10-17 17.49.08USBポートに挿しこむだけでパソコンを破壊する、USB killer v2.0。
その名の通り恐ろしい力を持つこのUSBは、ロシア在住の技術者Dark Purple(ニックネーム)が開発したもの。わずか2秒ほどでパソコンを再起不能にしてしまいます。

220Vの電圧で
パソコン内部を破壊

このUSBはコンデンサを搭載。それが発する220Vの電圧によって、パソコン内のプロセッサを焼き切って壊すというメカニズムです。
破壊するのはプロセッサだけなので、HDDは無傷。そのためデータは破壊されずに残ります。

th_スクリーンショット 2015-10-17 17.46.58正常に動いているパソコン。

USB killer v2.0を挿しこむと、2秒ほど「ツーープツッ」と音が鳴り画面が消えます。th_スクリーンショット 2015-10-17 17.53.36その後、電源をつけようとしても元に戻りません。

どうして、こんな厄介なアイテムを作ったのかは謎ですが、この動画は公開からたった10日ほどで、200万回以上再生されるほど話題を呼んでいます。

Licensed material used with permission by Dark Purple

常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
「ストレス発散」といえば。ショッピング?美味しいもの?いやいや、それで満足できる?モスクワ発の「Destroyery」は、お金を払って鈍器で好きなだけセッ...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
シンプルなハートがいくつもデザインされたアイテムは、子どもっぽくって敬遠してしまいがちだけど(ハートに限らず、星とか動物とか、柄物全般に共通して)、これは例外。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
ボルトカッターで切ろうとしても15トンの圧力が必要で、接合部は航空宇宙産業で使用される硬化鋼を採用しており耐候性があって錆びにくいほか、ピッキングやドリル...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
今回紹介する「GPD Pocket」は、アメリカのクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で約3億5千万円を集めたミニパソコン。確かに、これだっ...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ロシアで話題のイケメンユーチューバー、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば、...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...