原宿に現れた「カラフルなポスター」。そこに込められた環境問題へのメッセージが深かった・・・

patagonia_01_8

patagonia_01_2

この春、原宿のいたるところに貼られていたこのポスターを目にしたことがある人もいるかもしれません。仕掛けたのは、アウトドアブランド「パタゴニア」です。 じつは代々木上原某所にあるTABI LABOのオフィスにも貼っています。

patagonia_01_4

ここでは、このポスターを人通りの多い道沿いの塀やビルの壁などに貼ってくれる方を募集します!

これらのポスターには熱いメッセージがこめられており、ビジネスを通じて社会を変えていこうと本気で考えているパタゴニアは、こういった取り組みに共感して購入してくれる消費者が増えたり、同じような製品を作るアパレルメーカーが増えたりすることを願っています。 では、これらにはどんなメッセージが込められているのでしょうか?


各ポスターが発信する 環境に対するメッセージ

 ①FOR RECREATIONAL USE(1997年から遊びで使う:ヘンプ
水や肥料の使用が少量で、除草剤や殺虫剤も不要なヘンプは、土壌の健康状態改善にも役立つ植物。パタゴニアでは'97年から、ヘンプ素材のウェアを作っています。

②ALL IN(1996年から全部を:オーガニックコットン
一般的なコットンの農法では、大量の殺虫剤や除草剤が使用されます。パタゴニアで使用しているコットンは、'96年からすべてオーガニックコットン。「ALL IN」とはカジノ用語で「持ち金全部を賭ける」という意味。オーガニックなコットンしか使わないという経営判断を下した当時の気持ちを表しています。

③PLAYING FAIR(2014年からフェアプレーフェアトレード・サーティファイド
発展途上国で衣料製造に関わる労働者の賃金は、世界でも最低レベル。'14年からパタゴニアは、フェアトレード・サーティファイド製品の販売をはじめています。

④TALKING TRASH(1993年からゴミについて話す:リサイクル・ポリエステル
使用済みペットボトルから作るウェアの製造を'93年からスタートさせたパタゴニアは、ゴミをフリースに変身させた最初のアウトドア衣料会社です。

⑤FOR THE BIRDS(2014年から鳥たちのために:100%トレーサブル・ダウン
'14年秋からパタゴニアでは、100%トレーサブル・ダウンのみを使用しています。このダウンは、強制給餌や生きたまま羽毛採取といった動物虐待が行われていないか、追跡が可能なものです。

⑥FIRST TO SIGN(2007年に最初に署名する:ブルーサイン認証済み素材
ブルーサインという基準による認証があります。この認証は、エネルギーや水の効率的な使用、消費者の安全性、排水や排気、さらには労働者の健康と安全など、多様な面で最善を尽くしている証拠。'07年、パタゴニアは衣料ブランドとして初めてブルーサイン・システム・パートナーに署名・加入しました。

各メッセージの詳細はコチラ


パタゴニアの取り組みに共感していただき、一緒に広めていただける方を募集します。応募多数の場合は抽選で7名様にポスターをお送りします。

【応募要項】締め切り:※応募終了 2015年5月1日(金曜日)24時までポスター仕様:A1(594mm×841mm)、屋外に貼ることを想定して水に強い素材を使用しています。応募方法:下記のボタンをタップし、応募フォームから「①欲しいポスターの番号(4種類以上)」「②貼っていただける場所(屋外)」を書いてください。お願い:ご協力いただいた方には、実際に貼った後のお写真をご提供いただきたいと思います。

参考:【アパレル業界の真実】オーガニックコットンの知られざる「6つの事実」
パタゴニアの勇気ある決断。ダウン製品に隠された「悲しい現実」

 

Sponsored by patagonia
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...