世界で戦える「食」のプロを育成。「辻調理師専門学校」が"日本料理"に特化した新学科設立へ

去る1月の終わり。パリにある日本人オーナーシェフのフレンチレストラン「KEI」が、ミシュランガイド最高位の三つ星を獲得した。

日本人シェフによる初の快挙と時を同じくして、日本最大の食の教育機関「辻調理師専門学校」より、“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し、新たな学科を新設するとの発表があった。

2021年4月に新設されるのは、日本料理だけに特化して学ぶことのできる「日本料理本科(1年制)」「日本料理クリエイティブ経営学科(2年制)」

全教科の約70%を実習時間に充て、圧倒的なスキルと経験を積み上げるとともに、英語食ビジネスといったグローバル視点をもったカリキュラムも。

また、日本の文化・アイデンティティを表現でき、かつ各国の食文化に対応できる日本料理をもって、「世界」の食の現場に対応できるグローバル視点をもった料理人の育成を目指すという。

まさに食のプロの養成講座。

そこで思い出したのが、数年前に賛否を呼んだ「店に入って何年も修行するのはナンセンス」という堀江貴文氏のツイート。

スキルは学校、現場は経験、問題はセンス……。今あらためて思うのは「食の道を極める」というルートは、かなり多様化してきたなということ。

和食の料理写真1
©辻調グループ 辻調理師専門学校
和食の料理写真2
©辻調グループ 辻調理師専門学校
Top image: © 辻調理師専門学校
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
フレンチシェフの業界で、これからを牽引するんじゃないかという注目すべき日本人シェフが、パリにいた……。
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
世界最大級のサンタの学校「School4Santas」は過去に4200人を超える卒業生を輩出する名門校。長いヒゲも赤い服もいらない、普通の学校とは違う「サ...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ナイジェリアに住むティーンエイジャー3人で構成された「Ikorodu Bois」というコメディプロジェクト。ミュージックビデオや映画のトレーラーをさまざま...
クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて販売中の、部屋を早く涼しくし、乾燥した空気に潤いを与えてくれるアイテムを紹介。
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。