ポーランド軍が認めた「最高品質のダウンジャケット」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、この「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムのなかから「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

今回は「AURA(オーラ)」の「ICE Jacket」。

「ポーリッシュダウン」を贅沢に使用

©2020 NEW STANDARD

ポーランドを拠点とするダウンガーメンツブランド「AURA」。

そう聞いてピンと来る人もいるだろうが、ポーランドといえば、やはりポーリッシュダウン。広々とした大自然のなか、小規模農場にて綺麗な水で育てるため、より厚い羽毛の層を持ち、保温性透湿性が抜群に高いといわれている。

この「ICE Jacket」は、そんな世界最高品質を誇る上質なポーリッシュホワイトグースダウンを贅沢に使用した一着だ。

©2020 NEW STANDARD

軽量で撥水性能を持つファブリック「EVEREST」を採用しており、暖かいうえ、驚くほど軽い。撮影用に現品を送ってもらったのだが、到着した段ボールは何も入っていないのでは?と心配になったほど軽かった。

東欧の薫り”がぷんぷん漂うルックスも魅力的。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

首元を包んでくれるスタンドネック。袖口のゴムギャザーと裾のドローコードで防寒性もアップ。両側のフロントポケットにはかぶせが付いており、内側にもファスナーポケットがある。

じつはこのモデル、1990年代後半にポーランド軍特殊ユニット「GROM」へ供給していたダウンジャケットの復刻版。もともとノルウェーのアウトドアブランドに供給していたモデルがポーランド軍の目に留まり、制式採用された経緯を持つ。

©2020 NEW STANDARD

最高品質のダウンにして5万5000円(税込)という手の出しやすい価格設定。

軽量で暖かい。収納力も申し分なし。そして手頃なプライス。そんないいとこ取りの一着がポーランド軍のニーズと合致したのも納得。今のトレンドに沿い、ワンサイズオーバーで着るのも面白そうだ。

最寄りの取扱店は「AURA ICE Jacket」で検索を。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
高品質として世界的に名高いポーランドのダウンブランド「AURA(オーラ)」。その新作モデル「ATAK Jacket」の紹介です。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
数あるアイテムのなかから「これだ!」と思う5着を厳選してお届け。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
木の実由来のファッションブランド「KAPOK KNOT」が期間限定のショールームを、東京・日本橋の「GROWND - nihonbashi -」2Fにオー...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
イギリスのメディア『Metro』で登場した「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」とほぼ同じ意味の「Lockdown Jealousy...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。