代々木上原の「藍染ダウン」

セレクトショップのおもしろさってセレクトにある――なんて当たり前のことに気づかせてくれるのが、代々木上原の「タテイスカンナ」というお店です。

僕たちメディアの人間(自分は末席だけどネ)は、セレクトショップを紹介する際に“主な取り扱いブランド”を挙げることからはじめます。そこに並ぶブランドネームでお店の個性をなんとか伝えようとするわけです。だけど、タテイスカンナにその手は通用しません。

「◯◯っぽいノリ」とか「◯◯系のショップ」なんて形容は無理。足を運ぶたびに新しいブランドやウェアに出会えちゃう。しかも、いちいちそれがカッコイイ、役立つ、欲しくなる。タテイスカンナはそんなお店です。

約2年前、オーナーの鳥羽さんから「今度藍染の工房をはじめるんです」と連絡をもらいました。それからタテイスカンナには、Tシャツやらシャツやら藍染のウェアが並ぶようになり、なんとな〜く気にはしていたんですが、この冬の新作に度肝を抜かれました。

藍染のダウン!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

こういうものはフィーリングだと思います。

藍染のダウンと聞いてビビッとくるかどうか。

自分のスタイルに藍の醸し出す微妙なニュアンスを合わせたいかどうか。

公式オンラインショップでも購入できますが、店頭でこの迫力あるアウターを手に取ってみるのがオススメです。

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
No.(カフェバー)代々木上原を動画で紹介
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
イギリスのメディア『Metro』で登場した「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」とほぼ同じ意味の「Lockdown Jealousy...
ポーランドを拠点とするダウンガーメンツブランド「AURA」の「ICE Jacket」の紹介。
ミシュランガイドに掲載され続けているピッツェリアの有名店「PST六本木」が、冷凍ピザの宅配をスタート。
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
高品質として世界的に名高いポーランドのダウンブランド「AURA(オーラ)」。その新作モデル「ATAK Jacket」の紹介です。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
「ザ・ウイスキー・スタジオ」は、ウイスキーに興味のある人や初心者などがウイスキーの楽しさを体感できる定額制サブスクリプションサービス。自宅に毎月テーマに合...
先日お伝えした「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」によるコラボレーションコレクションの一部が「ポケモンGO」にも登場するらしい。実際のコレクションと同じデ...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...