すべてにおいて文句なし!「現代的なダウンジャケット」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、この「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムの中から「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

今回は「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」。

ボリューミーで独特のシルエット
「背負う」ことだってできる!

©2020 NEW STANDARD

日本初の登山用羽毛服を製作したメーカーを前身とし、現在も南極観測隊の装備や登山家へのサポートをおこなっている国産ダウンメーカー「Zanter」とのコラボレーションダウン。

もはやこの時点で暖かさは保証されたようなものともいえるが、丁寧に説明しておくと、盛り込まれているインサレーションダウンの量が極めて多い。Graphpaperらしい丸みのあるボリューミーなシルエットはその恩恵でもあるわけだ。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

表地に採用されているのは、ソフトなタッチと優れた形態安定性のあるソロテックスのタフタ。上品でツヤのある独特の表情は、高密度に織り上げられているからこそ。ダウンジャケットにありがちなギラつきが抑えられており、スマートな印象を与えるからどのようなパンツとも相性がいい。

©2020 NEW STANDARD

嬉しいことに、フードはジップ式で取り外しが可能。つまり、ニットやスウェットだけでなく、お気に入りのフーディーだって合わせられるわけ。コーディネートに幅が出る。

で、気になるのが内側に付いた白いストラップ。

なんとコレ、本体を背負うためのもの。暑すぎると感じたら、脱ぐことなく背負うことで一時的に温度を調整できる仕組みだ。

©2020 NEW STANDARD

素材、機能性、デザイン、すべてにおいて文句なしの現代的なダウンジャケット。価格は10万1200円(税込)で、最寄りの購入先はこちらから確認を。

Top image: © 2020 NEW STANDARD