テレビを楽しむ子どもの顔が、この世界に潜む「闇」を感じさせた。

レンタルや動画配信サービスにより、いつでも好きな番組やアニメを思う存分に楽しむことができる素晴らしい時代。一日中見ていても飽きない小さな世界に魅了され、“テレビっ子”が増えていっても仕方ない気がする。

けれど、アーティストのDonna Stevensが撮影したテレビに夢中になる子どもたちを見てから少し考えるようになった。まずは、言葉で表すよりも、写真を見れば一目瞭然といえるほど、危うさを感じてしまう「顔」をどうぞ。

すべてが「ホンモノの表情」

これらは、それぞれが好きなアニメに夢中になる姿をDonnaがこっそり撮影したもの。演技は一切ない、すべてが「リアルな顔」なのだ。

彼女はテレビを完全に否定しているワケではなく、子どもと発展し続けるテクノロジーとの関係を見つめ直すために作品を生み出したと言う。

無邪気さのカケラも感じさせない、魂が抜けてしまったような顔。暮らしを「快適」にするための技術でも、距離を考えなければ狂気になるのかもしれない。

Licensed material used with permission by Donna Stevens
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
性格の良し悪しが、顔に表れるというのは本当だと思う。眉毛の位置とか、目尻が上がってるか下がってるか、とかね。だけど最近発表された論文ではなんと、「お金持ち...
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。