もう、テレビなんて「コレ」でいいと思う

テレビを見なくなって6年が経ちます。

6年前は「なんでテレビ見ないの?」と聞かれることが多かったのですが、最近は周りにも同じような「テレビを見ない人」が増えてきました。

そんな時代だからこそ、いまテレビに求めるのはありのままを伝えてくれることなんじゃないかと思います。

制作したのはイラン出身のヴィジュアルアーティストShirin Abedinirad氏。Revisonと名付けられたこのアートの背景にはこんな思いが。

これは人々に新しいカタチで自然を見せようとしたものです。本当かどうか分からないテレビニュースを見るかわりに、テレビが作り出すモノを壊し、真実を見ることができるのです。

レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。

Licensed material used with permission by Shirin Abedinirad, Instagram, Twitter
他の記事を見る
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回は「ReTHINK TV」と題しまして、...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にし...
今日も朝日を浴びている、あなたへ。
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...