映像が空中に浮かんでいるように見える!?「透明テレビ」発売

中国の家電メーカー「Xiaomi」が、新型テレビ「Mi TV LUX Transparent Edition」を8月16日より中国国内で販売開始した。価格は49,999元(約77万円)。

これは世界初の一般消費者向けの透明テレビ。「samsung」「LG」「Panasonic」など大手家電メーカーでも構想はあったものの、実際に発売されるのはXiaomiが初となる。

構造は、厚さ5.7mmのガラス板のような透明な自発光有機ELディスプレイでできている、55インチのスクリーンと丸いベーススタンドのみのシンプルな作り。バックパネルが付属している従来型のテレビとは異なり、すべての機能がこのベースに収納されている。もはやテレビとはいえないほど芸術的だ。

Xiaomi 透明テレビ
©Xiaomi
Xiaomi 透明テレビ
©Xiaomi
© Xiaomi/YouTube

透明なディスプレイに表示される映像はまるで空間に浮いているように見え、仮想と現実を融合した没入感のある映像体験をもたらす。

こんなラグジュアリーなテレビを家に置いてみたいと思う一方、それには洗練された空間作りが必須だと痛感するプロダクトといえるだろう。

Top image: © Xiaomi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
「東海テレビ」開局60周年記念番組『さよならテレビ』が映画化され、年明けの1月2日から東京「ポレポレ東中野」「名古屋シネマテーク」ほかで順次公開。テレビの...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
先週6月11日、「一般社団法人 日本ケーブルテレビ連盟」と「Netflix」のサービス提携が発表された。今月から北海道、東北、信越、東海地区のケーブルテレ...
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
昔っからの街並みを維持し続けるミラノ。2019年に、ある空中庭園が建設されます。
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
フェムテックベンチャー「fermata」が医療従事者へ向けた「吸水ショーツ」の支援募金を実施中。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にし...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...