「三越伊勢丹」が仮想の新宿を舞台にした「VR百貨店アプリ」をリリース!

高級デパート「三越伊勢丹」が、VRを活用した仮想の都市空間サービス「REV WORLDS」を発表。

スマートフォン向けのアプリ(一部機能はブラウザ版でも利用可能)として現在β版がリリース中の本サービスには、現実とバーチャル空間を融合させた新しいショッピング体験が待っているという。

©株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿本店が忠実に再現された仮想空間では、着せ替え可能なアバターを操作して自由に街を歩き回ることできる。

さらに、チャット機能を使用すれば友人や家族とだけでなく、目の前にいる人と会話することもできるようだ。

仮想の伊勢丹店内では、現在、ワインとコスメのバーチャル催事がおこなわれているとのこと。気に入った商品があれば、アプリ上でクリックするだけで購入することもできるらしい。

©株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

また、近日中にはアバター販売員による接客もスタートする計画があり、ユーザーはチャットを通して実際にコミュニケーションできるのだとか。

いつでも、どこからでもアクセスできる画期的なバーチャル百貨店。

今後も他社コンテンツと協力してさまざまなアップデートがおこなわれる予定とのことなので、今のうちにダウンロードしておいて損はないだろう。

©株式会社 三越伊勢丹ホールディングス
Top image: © 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事