VRの仮想空間で「触覚」も感じられるようになる?(ドイツ研究)

2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心ですが「触覚」を感じられるようになれば、もっと現実に近づくと思いませんか?

VRに触覚を組み合わせて「体で感じるVR」を実現しようとしている、ある研究所があるんです。

「電気」の刺激で
触覚を疑似体験

このVR触覚再現システムを研究しているのは、ドイツ・ポツダムのHasso Plattner Instituteという研究所。

電気による筋肉刺激(EMS)によって、触覚を擬似的に味わえるデバイスを開発するプロジェクトを行っています。

7490581bdab93e2aff5f4a5ec99b04b9fbf1c186

実際に体験している様子がこちら。実際は何もありませんが、VR空間上で壁にぶつかると、腕に刺激が伝わっています。

3de8b4763569ce2cb37efbbbefbd33462e28336c

様々な「触覚」を
体感可能!

プレイヤーはバックパックの中に入ったコンピュータを通じて、上腕二頭筋、胸筋、手首などの4箇所に、電気による触覚フィードバックを受けることができます。

10230d87e43a911dd0c10a7eddf8415bed3bd6ed

これによって、壁に触れたような刺激だけでなく、重みのあるものを持ち上げているような感覚だったり、ものを投げたりといった感覚も味わうことができるそう。

近い将来、仮想空間がもっと現実に近くなっていくのかも…?公開されたデモ映像をフルで見たい方はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Hasso Plattner Institute
Angela Buckinghamさんは。仮想領域における行動が、現実世界の領域に流出する危険性は大いにある。さらに、どれほど影響を及ぼすのか正確な予測が...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
いまVR(バーチャルリアリティ)技術は、医療分野においても目覚ましい研究成果をあげています。なんと下半身不随の患者が、VRをつかった「神経系のリハビリテー...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
世界初の触感センサー付きVRグローブとシューズ「Taclim」が、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に展示され注目されました。2017年秋頃に発売が予...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...