「VRを使った脳トレ」で、下半身不随の人が歩けるようになる日が来るかもしれない

いまVR(バーチャルリアリティ)技術は、医療分野においても目覚ましい研究成果をあげています。なんと下半身不随の患者が、VRをつかった「神経系のリハビリテーション」を続けることで再び歩けるようになるかもしれない、というのです。

下半身不随の男性が
キックオフ

2014年6月、サッカーワールドカップの開会式で、あるデモンストレーションがおこなわれました。それは胸から下が動かない男性が、脳波によって機械の外骨格を操り、キックオフをするというもの。

これはWAP(Walk Again Project)による取り組みで、25ヶ国から100人以上の神経医学者、科学技術者、理学療法士などが参加しました。

このプロジェクトでは8人の下半身麻痺患者を対象に研究が進められていて、機械で脳波を読み取り信号を送る「ブレイン・マシン・インターフェース」、仮想現実を体験する「VR」、仮想現実でアバターが感じた感触を身体にフィードバックする「tactile shirt(触感シャツ)」を組み合わせた治療をおこなうことで、症状が回復したと言います。

仮想空間の感触を
現実にフィードバック

治療はこのように、ヘッドマウントディスプレイを装着し、VRによって仮想のアバターの足を動かすことから始まります。

次の段階ではその感触をシャツによって身体にフィードバックし、脳波を使って機械の外骨格を動かし、歩行する感覚を取り戻していきます。

車の運転が
できるようになった患者も

この研究に参加した患者は、全員がASIA(アメリカ脊髄損傷協会)の定めるA級(完全麻痺)障がい者でしたが、12ヶ月の治療を受けたことで8人のうち4人がC級(不完全麻痺)まで回復したと言います。また歩行機能だけでなく、胃や腸の動きも回復したことがわかっています。

ある患者は自分の足の関節を動かすことができるまでに回復、またある患者は車を運転して外出することもできるようになったそうです。

現在、脊髄を損傷した患者は「完全麻痺」の診断を受けると、車いすを前提とした治療を受けるのが一般的ですが、WAPでは研究成果をもとに、この治療法を広めていきたいとコメント。

プロジェクト主任のミゲル・ニコレリス博士はこう語ります。

「脊髄損傷により下半身麻痺になった患者は、世界中に25万人もいます。我々はすでにこの技術と治療法を、手頃な価格で広める手段を検討しています」

研究が続き、近い将来に自分の力で歩けるところまで回復する患者が現れたら……。世界中の希望になることは、間違いないでしょう。

Licensed material used with permission by AASDAP
他の記事を見る
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
Angela Buckinghamさんは。仮想領域における行動が、現実世界の領域に流出する危険性は大いにある。さらに、どれほど影響を及ぼすのか正確な予測が...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
VRで遊んでる人を、横で見たことありますか?「わー!きゃー!」とか言って、とても楽しそうですよね。大自然のなかに飛び込んだり、本当に目の前にゾンビがいるよ...
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...