これからは「VRカウンセリング」の時代だ

国際的な総合化学ジャーナルであるNature Reserch(ネイチャーリサーチ)が取り上げた、VR(仮想現実)を利用したカウンセリング方法がユニークでおもしろい。

このカウンセリングでは、相談者そっくりのアバターである「クライアント」と精神分析の創始者であるフロイトに扮したアバターである「カウンセラー」の2つが登場し、相談者はこの2つのアバターを自由に往き来することができる。

カウンセリングの流れはこうだ。

VRのなかで、クライアントはカウンセラーに悩みを打ち明ける。その後、相談者はカウンセラーの視点からその悩みを聞き直し、クライアント(=相談者)に質問を投げかけたりアドバイスをおこなったりしながら“自問自答”を繰り返していく。

相談者は、カウンセラーの視点から自分そっくりのアバターを通して、「悩み」に対して客観的に向き合うことができるというわけだ。

このカウンセリングの効果を検証するため、実験には58人が参加した。

半数の29人には前述したような「自問自答形式」を採用。一方、もう半数の29人は、アバターの切り替えはなしで、クライアントがカウンセラーに悩みを打ち明け、カウンセラーは用意された文言を返答するという方法が採用された。

その結果、「自問自答形式」の方が、カウンセリング後の変化や効果を実感する人が多いという興味深いデータが出たのだ。

この実験は自分自身との対話の重要性と可能性に気づかせてくれる。今後「VRカウンセリング」はカウンセリングのスタンダードになるかもしれない。

Top image: © iStock.com/hakule
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...