キャンプカウンセラーになって学ぶことができた「7つのこと」

「キャンプカウンセラー」っていう言葉を聞いたことがありますか?これは、子どもたちと一緒に教育目的のキャンプを行う活動のことで、学生のボランティアのひとつとしても密かに人気になってきています。

そんなキャンプカウンセラーの活動で学べることは、社会に出てからも役に立つことがたくさんあります。「Elite Daily」の女性ライターElise Williamsさんは、自身のキャンプカウンセラー経験から学んだことをまとめています。

01.
どんな危機にも
柔軟に対応できるようになる

キャンプの最中には、あらゆることが起きるわ。パニック発作から、深刻な脱水症状、中には急に不安になって泣き出す子もいる。キャンプカウンセラーは、こういった予想外の事態にも対応できなくてはならないし、その対処法を学ぶことができる。

でも、これらすべてを自分ひとりの力だけで対応しなければいけないわけじゃない。ここで必要なもうひとつのスキルは、いつ助けを求めるべきなのかを判断し、恥ずかしがらず人を頼れるようになること。

02.
目上の人に
自分の考えを伝える

キャンプカウンセラーなら当然、キャンプについては一定レベルの知識と自分の考えを持っているものだけど、時には目上の人から納得できないような方法を実践するように求められることもある。

そういうとき、自分はどう思うか、そしてなぜそう思うのかをきちんと伝えること。きっと、多くの人は耳を傾けてくれるでしょう。大切なのは、きちんと敬意を持って接すること。これは、どんな仕事でも役に立つ能力になるはず。

03.
自分の責任を
最後まで全うする

キャンプ中に何をするか、どこに向かっていくのかは、キャンプカウンセラーが決めることでもあるの。でもだからといって、なんでも自分の思い通りにしようとしたら、全然楽しくないキャンプになってしまう。

力や権利には、責任が伴うもの。自分の力をうまく使って、チームを成功に導くリーダーシップが学べるはず。

怒鳴ったって何も解決しないのは、キャンプも仕事も一緒だから。

04.
新しいことを
学ぶ態度を身につける

「どうしましたか?何かできることはありますか?」。キャンプカウンセラーは、そんな台詞を言うことが多いもの。何に対しても躊躇せず、進んで向かっていく気持ちが求められるわ。

つねに新しいことを学んだり、別の仕事を引き受けたりする姿勢があるから、仕事でもどんどん成長できるようになるの。「自分の仕事じゃないから」と、困っている同僚を助けずにいるより、とにかく手を差し伸べて自分も成長できたほうがいいでしょう?

05.
他人への
思いやりの気持ち

キャンプへ行くと、望むと望まざるとに関わらず、いろいろと新しい人にも出会うことになる。親しい人だけではなく、見知らぬ人であっても、一人ひとりにきちんと気配りをしなくては、いいキャンプカウンセラーとは言えないでしょう。

でもそれは、アウトドア以外の場所でも同じこと。人への気遣いを忘れなければ、その気持ちは必ず伝わるはず。

06.
素早く信頼関係を
つくる方法

カウンセラーというのは、人の語る言葉に耳を傾け、信頼関係を築くことが大切なもの。そしてこれは、キャンプカウンセラーにとっても同じ。心を開いてもらえなければ、楽しい経験をしてもらうことは難しくなるでしょう。

キャンプを通してそういった経験を積むことで「人に心を開くとき、どうしたらいいのか」が、わかるようになるの。信頼関係を素早く築くことができれば、たとえ見知らぬ土地は初めての仕事であっても、スムーズに進めることができるものね。

07.
どんな状況でも
ポジティブでいること

自然は、人間の思い通りになんかならない。キャンプをしていると、そんなことを実感させられる出来事ばかりが起きます。だけど、どんな状況でもキャンプカウンセラーが落ち込んでいたら、みんなの楽しい気持ちはどこかに行ってしまうもの。理想からはほど遠い状況に追い込まれたときだって、どこかにいいところを見つけて、ポジティブになる力を養いましょう。

キャンプでなくとも、現実は厳しいことの連続。それでもめげずに前に進む力は、きっとあなたを素晴らしいゴールへと連れて行ってくれるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
Gordon Tredgoldさんが「Inc.」にて紹介するのは、お互いに気持ち良くそしてスムーズに説明責任を果たせるメンバーを育てる方法。指導者向けの内...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
天職研究の権威であるコロラド州立大学Bryan J. Dik教授等が提案する、天職を見つけるためのカウンセリング(a calling-oriented c...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...