卒業パーティー用の貯金で「爆買い」する女子高生。その理由を知ったとき、思わず応援したくなる

門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。

卒業パーティーのはずが
なぜか爆買い。そのワケは?

スクリーンショット 2015-06-07 6.55.13

シカゴに住む女子高校生(2015年当時)Ashley Yongさん。高校の卒業パーティー用に貯金しておいたお金を使って、大量の食料品や衣類を「Costco」や「Amazon」でお買い物。その量、まさに爆買い。いったい何に使うつもりなの?

スクリーンショット 2015-06-08 23.57.16

スクリーンショット 2015-06-08 23.56.48

テーブルの上にずらりと並べた食料品を、それぞれ1セットごとにダンボール箱詰めしていくYongさん。これだけでもかなりの労力ですよ。

スクリーンショット 2015-06-09 0.17.14

箱詰めが終わると、今度は重そうな段ボールを車に載せてハンドルを握りました。そして、彼女が向かった先は…。

ホームレスへの
ささやかなギフトボックス

スクリーンショット 2015-06-07 6.47.41

路上で生活するホームレスたちのもと。ひとり一人に段ボールを手渡していきます。

スクリーンショット 2015-06-07 6.47.57

スクリーンショット 2015-06-09 5.55.06

お小遣いをはたいて彼女が買ったもの。それはすべて地元シカゴの路上で暮らすホームレスたちへの、彼女からのプレゼントだったのです。しかもこれ、彼女の自発的な行動だって言うから驚きです。

だって、普通ティーンエイジャーの発想なら、卒業パーティーへ参加することの方が重要に決まっている、そう思いますよね?でもYongさん、「よっぽど、こっちの方がエキサイティングに感じるけど」ですって。なんともあっぱれな女子高生。

箱の中身はティーンならでは

スクリーンショット 2015-06-07 6.48.35

ところで、Yongさんの段ボールには、どんなものが入っていたかというと…、これまたティーンならではの心配りが。
まずは、ポップコーン。

スクリーンショット 2015-06-07 6.49.31

続いてパックジュース。

スクリーンショット 2015-06-07 6.50.49

こちらは栄養たっぷりのシリアルバー。

スクリーンショット 2015-06-07 6.51.46

スクリーンショット 2015-06-07 6.51.34

バンドエイドや歯ブラシも、忘れてはいません。

スクリーンショット 2015-06-07 6.53.30

スクリーンショット 2015-06-07 6.53.03

最後にTシャツと靴下も入れます。

スクリーンショット 2015-06-07 6.45.15

費用合計、214ドル(約2万4,000円)。1箱あたりおよそ$10ドル(約1,100円)分の段ボールキットが20個完成しました。

Awesome!(すばらしい!)
全米が彼女に共感

この活動を、ただの一度で終わらせまいとしたのがYongさんの素晴らしいところ。クラウドファンディングサイトGofoundmeで寄付を募り、目標額だった200ドルを数日で突破、ついには、6,150ドル(約70万円)も集めてしまったのです。

彼女の動画に共感し、出資を決めた賛同者たちからは、こんなコメントが寄せられています。

「素晴らしいわAshley。もしよかったら、私の会社からオーガニックの石鹸を送ってもいいかしら?」
「こんな素晴らしい動画を見たことないよ!思わず笑顔になったよ。きっと多くの人の心を刺激したでしょう!」
「Ashley、あなたは本当にスゴイ人。あなたのような人が世界にはもっと必要よ。ぜひ、この活動を続けて欲しいわ

こうして、全米中の注目を集めたYongさん。その後ミズーリ大学に進学。現在、ジャーナリズムとデザインを専攻する大学生活をエンジョイしているようですよ。

Licensed material used with permission by Ashley Yong

この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
卒業アルバムは一生の宝物。読み返してみると、当時自分が残した言葉や友達からのメッセージが本当に懐かしい。そこに記す言葉は一生残るからこそ、たくさんの思いを...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
米Facebook社のCOO(Chief Operating Officer)シェリル・サンドバーグさんが、UCバークレー校の卒業生に贈ったスピーチを紹介...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
アメリカで最も物が売れる日と言われているのが、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の「ブラックフライデー」。さらに週が明けた月曜日は、EC業界がセールを始める...
申し訳ないけれど、正直、今までに聞いてきた卒業スピーチの内容は頭の片隅にもない。でも、こんなスピーチをされたらずっと記憶に残るかもしれない。 舞台はニュー...
高校時代、クラスのリーダー格や目立つグループに属していなかった地味めな女の子。そんなあの子が卒業後にとんでもない美人になっていたり、誰もが驚くような成功を...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...