卒業パーティー用の貯金で「爆買い」する女子高生。その理由を知ったとき、思わず応援したくなる

門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。

卒業パーティーのはずが
なぜか爆買い。そのワケは?

スクリーンショット 2015-06-07 6.55.13

シカゴに住む女子高校生(2015年当時)Ashley Yongさん。高校の卒業パーティー用に貯金しておいたお金を使って、大量の食料品や衣類を「Costco」や「Amazon」でお買い物。その量、まさに爆買い。いったい何に使うつもりなの?

スクリーンショット 2015-06-08 23.57.16

スクリーンショット 2015-06-08 23.56.48

テーブルの上にずらりと並べた食料品を、それぞれ1セットごとにダンボール箱詰めしていくYongさん。これだけでもかなりの労力ですよ。

スクリーンショット 2015-06-09 0.17.14

箱詰めが終わると、今度は重そうな段ボールを車に載せてハンドルを握りました。そして、彼女が向かった先は…。

ホームレスへの
ささやかなギフトボックス

スクリーンショット 2015-06-07 6.47.41

路上で生活するホームレスたちのもと。ひとり一人に段ボールを手渡していきます。

スクリーンショット 2015-06-07 6.47.57

スクリーンショット 2015-06-09 5.55.06

お小遣いをはたいて彼女が買ったもの。それはすべて地元シカゴの路上で暮らすホームレスたちへの、彼女からのプレゼントだったのです。しかもこれ、彼女の自発的な行動だって言うから驚きです。

だって、普通ティーンエイジャーの発想なら、卒業パーティーへ参加することの方が重要に決まっている、そう思いますよね?でもYongさん、「よっぽど、こっちの方がエキサイティングに感じるけど」ですって。なんともあっぱれな女子高生。

箱の中身はティーンならでは

スクリーンショット 2015-06-07 6.48.35

ところで、Yongさんの段ボールには、どんなものが入っていたかというと…、これまたティーンならではの心配りが。
まずは、ポップコーン。

スクリーンショット 2015-06-07 6.49.31

続いてパックジュース。

スクリーンショット 2015-06-07 6.50.49

こちらは栄養たっぷりのシリアルバー。

スクリーンショット 2015-06-07 6.51.46

スクリーンショット 2015-06-07 6.51.34

バンドエイドや歯ブラシも、忘れてはいません。

スクリーンショット 2015-06-07 6.53.30

スクリーンショット 2015-06-07 6.53.03

最後にTシャツと靴下も入れます。

スクリーンショット 2015-06-07 6.45.15

費用合計、214ドル(約2万4,000円)。1箱あたりおよそ$10ドル(約1,100円)分の段ボールキットが20個完成しました。

Awesome!(すばらしい!)
全米が彼女に共感

この活動を、ただの一度で終わらせまいとしたのがYongさんの素晴らしいところ。クラウドファンディングサイトGofoundmeで寄付を募り、目標額だった200ドルを数日で突破、ついには、6,150ドル(約70万円)も集めてしまったのです。

彼女の動画に共感し、出資を決めた賛同者たちからは、こんなコメントが寄せられています。

「素晴らしいわAshley。もしよかったら、私の会社からオーガニックの石鹸を送ってもいいかしら?」
「こんな素晴らしい動画を見たことないよ!思わず笑顔になったよ。きっと多くの人の心を刺激したでしょう!」
「Ashley、あなたは本当にスゴイ人。あなたのような人が世界にはもっと必要よ。ぜひ、この活動を続けて欲しいわ

こうして、全米中の注目を集めたYongさん。その後ミズーリ大学に進学。現在、ジャーナリズムとデザインを専攻する大学生活をエンジョイしているようですよ。

Licensed material used with permission by Ashley Yong

「ゼブラ」は、商品開発という社会体験の機会を学生に提供することと、筆記具のメインユーザーである現役学生の声を知るためにおこなっている「トキワ松学園」の高校...
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
残念ながら現実での卒業式が困難となった全米の高校の卒業生へ向けて、盛大なバーチャル卒業式「Graduate Together: America Honor...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
思わずキッチンでダンスパーティーをしたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
卒業アルバムは一生の宝物。読み返してみると、当時自分が残した言葉や友達からのメッセージが本当に懐かしい。そこに記す言葉は一生残るからこそ、たくさんの思いを...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
米Facebook社のCOO(Chief Operating Officer)シェリル・サンドバーグさんが、UCバークレー校の卒業生に贈ったスピーチを紹介...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「インド工科大学ボンベイ校(IIT Bombay)」バーチャル卒業式を開催。学生と教授はそれぞれアバターを式に参加させ、学位やメダルの授受をおこなった。
世界最大級のサンタの学校「School4Santas」は過去に4200人を超える卒業生を輩出する名門校。長いヒゲも赤い服もいらない、普通の学校とは違う「サ...