「心地よさの一歩外へ」弁護士の仕事術

今の生活に不満を抱えながら、何も動こうとしない人は多いはず。積極性を持つほうが世界も広がるでしょうし、人生も好転するかもしれませんよね。

ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた「身近な悩みから脱出する方法」を紹介しています。

永遠に満足感を得ることが難しい「生きる」というテーマに、私たちはどう立ち向かうべきなのか?そこに挑戦することの大切さを説いています。

コンフォートゾーンの一歩外へ!

みなさんは、“コンフォートゾーン”という言葉を聞いたことがありますか?コンフォートは「心地よい」、「気持ち良い」という意味で、ゾーンは「範囲」と訳します。つまり、コンフォートゾーンとは「生活していて不安を感じない安心できる領域・範囲」となります。

充実とか不安というものは、相対的感覚のもので、同じ人であっても、ある時には充実感を得られますが、ふと将来に不安を感じたりします。これは誰にでもあることで、何ら不思議なことではありません。むしろ24時間充実していて何の不満や不安がない人なんてこの世にはいないはずです。

人間は、外部環境の変化に対して自分を適応させて生きていかなければなりません。やったことのない新しい問題やうまくやりきれるかどうか不安なことが起きた時には、緊張して失敗しないかどうか不安を覚えます。しかしこのような時こそ、自分の能力を成長させるチャンスでもあるのです。

大人になると、新しいことに挑戦するのが億劫になり、どうしても今までの経験でうまくいっていたことに惰性で頼ってしまうもの。ところが、幼少期や青年期を振り返ると、毎日が新しい課題への挑戦だったのではないでしょうか。いつも緊張感を保って冒険し、新しい課題に挑戦しようとすると脳は活性化します。そしていつまでも若々しくエネルギッシュに生活を送ることができるのです。

自分と対話をしてみよう

人間が感じているコンフォートゾーンは長く続きません。これはある意味「人間の宿命」といえるものです。それでも人は、多少居心地が悪くなってもそこにとどまろうと抵抗します。それが“習慣”というものです。

しかし、そんなことで本当に自分の人生を悔いなく生きたと言えるでしょうか。どこかで自分を騙し、自分を殺して生きるのは楽しくないし、幸福感を得られることもありません。

今の生活を維持するために、不本意な仕事をやらざるを得ない。働くことが苦痛であると感じている方も多いでしょう。ラットレースのように走り続けないと、今のステータスを維持できないと考え、ひたすら走り続ける……。でも、それはとても不幸なことでもあります。そんな生き方をあなたは希望していないはずです。いつの間にかあなたは「夢や希望など叶うものではないから、そんなことを追い求めるなんて考えること自体が変だ」と、自分に言い聞かせて納得させているのではないでしょうか。

「生きる」ということは、「悩む」ということと同義語です。みんな本当は悩んでいても、それを顔に出さないだけです。どこかの瞬間で自分の殻を破る勇気を出さなければなりません。今は勇気が出なくても「いつかは……」という意識を持って、自分と対話をすることが大切です。

マンネリ、あきらめからの脱却

コンフォートゾーンにとどまることは、半分は安心なことではありますが、それは「マンネリ」「あきらめ」でもあります。「マンネリ」や「あきらめ」は楽しいことではありません。変に動いて失敗したらどうしよう……という自己防衛が働き、なかなかそこから抜け出せなくなります。

周りにコンフォートゾーンから抜け出して新しいことにチャレンジする人が出てくると、うらやましいと思いながらも「どうせ失敗するさ」と冷ややかな目で見てしまうものです。これはチャレンジできない自分に対する言い訳ではないでしょうか。

これからの時代は、「個の尊重」、「差異の寛容」、「ダイバーシティ」が重要視される社会になります。そうすると「人と違わない」ことではなく「人と違うことでいかに輝けるのか」個の視点からの幸せづくりが重要になってくるのです。

私は「挑戦する人」が、閉塞感が漂う日本の社会を大きく変えてくれると確信しています。

ワクワクする環境

個の尊重が最も大切にされる社会になるということは、それぞれが熱中できるワクワクする環境がある世の中になるということです。

他人がどう思うかではなく「自分が本当は何をしたいのか」を考えるためには、心が要求するものを自分自身に問い、その実現のために努力するという姿勢が必要となります。もちろん、自分がワクワクすることは、他人の「幸せになる権利」を侵害しないかぎり……という意味においてです。自分だけがワクワクしても、その行動によって他人が迷惑を被るというのでは、それはただのわがままです。

生き生きと仕事をしている人は、自分がワクワクすることに熱中して取り組んでいます。ワクワクすることをやろうとすると、そこには必ずリスクがあり、失敗も繰り返します。そんな人たちは、組織の中ではみだしものに見られます。でも、他人にどう見られるかなんて、当の本人はさして気にしていません。

失敗しなければ成功や大きな成果は得られません。そのことは本人も織り込み済みで、失敗で落ち込んだりはしないのです。なぜならば「失敗とは何なのか」を理解しているから。つまり、失敗とは大きな成功につながるステップに過ぎないことを分かっているからです。

どんな仕事も自分の成長にとっての意味づけをできれば、それは意味のある仕事となります。仕事自体に意味があるのではなく、仕事に意味づけできるのは、あなた自身なのです。

日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。
「弁護士という職業を通じてあらゆる修羅場を見てきた」と、原和良さん。どうすれば逆境から立ち向かうことができるか、その秘訣を弁護士ならではの視点で伝える「自...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、「遊び心...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「自分の好きなことを仕事にできたら、どれだけ幸せだろう?」きっと、ほとんどの人が一度はそう思ったことがあるはずです。でも、実際に一歩を踏み出す人は、決して...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
忙しいと、なかなか食べるものにまで気がまわらない事がしばしば。しかし、ランチや軽食をプランニングし、加えて体をほぐすことをすれば、1日集中力を切らさずに仕...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
認知行動療法のスペシャリストである清水栄司さん著『大人の人見知り』では「人見知り自体は悪ではない」と説いています。今回は、清水さんが提唱する「メンタルコン...