デキる男は「遊び心」を忘れない。そう教えてくれた弁護士。

休憩するのも忘れるくらい仕事に追われてしまう時がある。それが一日だったらまだいいんだけど、何日も続くと気がついたらヘトヘトなんてことも。

弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、彼が「遊び心」を忘れることなんて決してないんだから。

スーツのまま豪快に、
「デキる男」の生き方

2e3d17211577b0db691ad5fb2227f46ccf78c864438a3bb0649873efcfcf5c3f96cc68a0e5a63d1e7f2145f599be13b1c1ac1f1fab01d3714b74bb0f12558ff047de46922a2380e8d48c4a611689c0adB84fa4c6f99fe97a27db6fcc74bc5596a675ff0a4180806adefeb26713179f03f01b514b22cd934149234db6b8ed3d3b45f5f97794e3958e0caefbca7d563a6f630bcab3f360ca4645c2faacdb9539dbB7e5c1333d930d29a8e1c3e30fbd1358c5008b7bA40d5dd37253a5a4896cf027806668fe2f3d4ba185413ea8a50eaac11103a67bd0c8ba9bbc74cc4bD29bacf5af3d6cadb5a137dce35a91dbe7eefa30805a4cce512fbc062aececc61d2f68b38485f0347c54abf920a4b4a06300ad2ae39ab2b47f1b49859072de263b0cf6a2161eddd4b6a9aa2efc4896de

「いつこんな写真を撮ることができたの?」と、聞きたくなるくらい様々なシーンが。

Franの姿を見ていると本当に“デキる”人は、どこか余裕があるなって思ってしまう。それに、忙しくても彼みたいにスーツのまま思いっきり飛び出してみたら、案外リラックスできるかもしれない。

Licensed material used with permission by Fran García
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
2016年の夏にコーカサス諸国を旅した家族の写真を紹介。1カ月ほど前にインターネットに公開された。仕事中に見たら、オフィスにいることも忘れてしまいそうな爽...
殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の状況を白線で記しておくと、...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
人から信頼を集める男性は、ブレない軸を持っているものです。八方美人で、誰にでも媚びへつらうような人を信頼しようなんて思う人はいないでしょう。一本スジの通っ...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...