どれだけデキる人でも自然とやってしまう、自ら出世を阻む行動7選。

ビジネスソリューションを生み出すアイデアに長け、これまで多くのビジネスリーダーにアドバイスをしてきたGordon Tredgold。長年のキャリアのなかで、氏は「自分で自分のキャリアを妨げている」ことの弊害に、いかに気づけるかを出世のカギに挙げている。

Inc.com」に寄稿したGordonのリストにぐうの音も出ない自分……はあ、言い訳できない。

01.
目標設定ばかりで
行動が伴わない

予定を立ててきちんと「準備」することは、成功するうえで重要な要素。けれど一番大切なのは「行動」にある。どれほど頭がいい人でも、考えているだけでは成功できない。どこかで気を引き締めてアクションを起こさなくては、結局何も始まらないのと同じこと。

 02.
「昇進」を掴みにいかず
ただ待つだけ

B8f215f1d417be3d8f9f1ebf3efa07c9d8f34f8a

もしあなたがリーダーになることを望んでいるなら、周りの人を引っ張っていかなくてはいけない。リーダーとは、肩書や役職だけではないからだ。行動できて影響力があり、結果を出す能力があるということ。

これまで、ただリーダーとしての役職を与えられることを待つだけの人を何百人と見てきた。例えるならば、サッカーチームのスタメンに選ばれるまで、どうすればプレーが上達できるかを何も学ぼうとしていないことと同じ。

黙っていたって何も起こらない。役職というものは後からついてくるものだから。

03.
相手に伝えるだけ伝え、
確認を怠る

誰かとコミュニケーションを取るとき、相手にメッセージを伝えきれているかどうか確認することは、伝える側の責任。けれど、その責任が受け取る側に転化してしまうことがよくある。

ものごとは、明確に、シンプルに伝えること。頭のいいあなたがスマートなことを言ったからといって、受け取る相手が完全に理解している訳ではない。すれ違いから生まれた失敗は、両方の責任となることをしっかりと認識しておくこと。

04.
人に任せず、
なんでも自分でやってしまう

0b327e076a26f7008dce4d46187ce5d741df1b3c

「自分でやればもっと早い…」これは人に任せることが苦手だったり、頼むことを嫌う人からよく聞くセリフ。これができないということは、チームとして達成できることも制限してしまっている証拠。誰かに仕事を任せるということは、自分の結果を上げることにもつながる。それでも頼むことができないのならば、自分のスキルを数段上げるほかない。聞こえはいいかもしれないが、その“個人プレー”に昇進を阻む可能性がある

05.
フィードバックに耳を傾けない

パフォーマンス向上のためにはフィードバックが必要不可欠。なぜなら、何が上手く行っていて、何を改善する必要があるのか知ることができるから。そうでなければ悪い癖ばかり身につき、効率を下げることになりかねない。

頭の良さ=すべて知っていることではない。フィードバックをもらい。人にも与えれば、今よりも成長することができるはず。

06.
準備が整うまで
何も動き出せない

すべてが完璧になるまで待つことをしていたら、何かを達成することなどできない。入念に準備することもできても、最初の一歩を踏み出さずして、どうやって成功をつかむというのか。まずは始めること。チャンスは毎日訪れるわけではない。待っていると逃してしまうことになりかねない。

07.
学歴で人を選んでいる

E1168efb0feefda94623a1801b3fda0b698fe608

あなたより学歴が低い人からのアイデアでも、無視してはいけない。経験は知識よりもずっと価値がある。失敗から学ぶことも重要だが、他人から学ぶ方がより賢い方法。そうすることで、失敗を未然に防ぐことができ、時間もお金も節約できるから。

Licensed material used with permission by Gordon Tredgold
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
私は数十年におよぶビジネス研修業を通して、57万人ものビジネスパーソンと出会う機会に恵まれ、意欲みなぎる社会人1年生から少しお疲れ気味の管理職まで、さまざ...
必ずしも「仕事ができる人=早く出世できる人」とは限りません。出世には仕事のパフォーマンスだけでなく、様々な要因があると言われています。とくに心理学的な研究...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
Gordon Tredgoldさんが「Inc.」にて紹介するのは、お互いに気持ち良くそしてスムーズに説明責任を果たせるメンバーを育てる方法。指導者向けの内...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
知識や学歴があっても、教養がないと思われる社会人ってどんな人?そんな人に当てはまる特徴4つを、書籍『バカに見える人の習慣』(樋口裕一・著)より紹介します。...
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
相性も抜群で、一緒にいて心地いい人にようやく出会えた…と一息ついている人こそ、一度立ち止まって「Elite Daily」ライターZoya Gervisさん...
傷つきたくないからこそ、人は自分を守ろうとするもの。けれど、そのような行動ってわりと無意識のうちにとっている事がある。客観的に読んで見ると、「あっ」と気づ...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
デキる大人とは「何かを成功へと導くために必要な能力、知識、スキルを持っている」と定義されていると「i heart intelligence」の中でJust...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
リンカーンはこう言いました。「待っているだけの人たちにも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである」確かに、成功した人というのはよ...
やっぱり人間は誰でも間違いを犯すんだから、「許し」の習慣があったほうが良い。そんな内容の「The School of Life」の動画です。
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...