「寝る・座る・立つ」どんな体制でも仕事できるデスク

デスクにあるボタンをポチっと押せば…、

スタンディングデスクから
座席へと変換

そのまま仰向けになれる!

なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デスクにはキーボードやマウスが磁力でくっつく仕様に。そのため、視線は一切ブレずに体制だけを変えられます。

人間工学に基づいてデザインされており、座り心地はとても良いそう。開発した「Altwork」社は"宙に浮いてるようで最高に快適"と表現しています。長時間のデスクワークが必要なエンジニアに向けて設計されたものとあってその点にはこだわりが。

幾つかカラーバリエーションがあり、お値段は5,900ドル(約73万円)を予定。「TNW News」によれば、シリコンバレーの人々に結構売れているのだとか。

今なら、事前予約で最大2,000ドルの割引きが受けられ、3,900ドル(約48万円)で購入出来ます(2015年11月23日時点)。デスクの買い替えを検討している人は、候補として検討してみては?

Licensed material used with permission by Altwork
Reference:TNW News
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
オフィスのデスクに置くだけでその場が華やぐ、数々の魅力のある製品を生み出すプロダクトレーベル「ジャッカル」と話題のアイテムについてご紹介します。
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。