被災者の声をもとに作られた「甘い非常食」セット

東日本大震災から10年目となる2021年3月11日、「甘い非常食」を詰め込んだ、「こころ咲く BOUSAI BOX」が発売される。

これは、山形県山形市で防災アイテムなどを取り扱う企業「有限会社西谷」のママ防災士が、SNSや自身のネットワークを活かし集めた「災害時の甘いものに関するエピソード」をもとに企画・開発された防災セット。

回答者からは、「いつ余震が来るか分からない状況下でストレスが溜まっていたのか、無性に甘いものを食べたくなった」、「甘いものを食べて、本当にほっとした」などの声が聞かれ、災害時、甘いものは体への栄養補給だけではなく、心への栄養補給にもなるということが分かったという。

とはいうものの、このセットには、甘いものをただ詰め込んだというわけではない。

「食欲が無くなり、噛んで食べることがしんどくなる。飲み込むだけで精一杯」といった声も聞かれたことから「のど越しの良さ」を意識した商品選びがされており、つるんとしたのど越しで手軽にエネルギーがチャージできるゼリー飲料、しっとりしてのどに詰まりにくい食感のパン柔らかめのパワーブーストようかん、サクサクとして飲み込みやすい食物アレルギー対応のクッキーが同梱されている。

©有限会社 西谷
©有限会社 西谷
©有限会社 西谷
©有限会社 西谷

また、本商品は5年保存ができるようになっているが、普段から食べ慣れておくこと、楽しんで食べることが、災害時にわが身を助けるはずとの考えから、保存期限を待たずとも、定期的に同梱されている非常食同士を組み合わせたり、コンビニやスーパーで手軽に購入できる食材を使って非常食をアレンジし食べてみてほしいとのこと。

さらに、BOXの中には「希望」という花言葉を持つガーベラが満開に咲いた「未来へのポストカード」が入っている。

これは、東日本大震災で被災した岩手県大槌町で作られた、どこにも吐き出せない故人への想いを伝える「風の電話」を参考に発案されたもの。災害時に、どこにも発散できない心の内を吐き出すアイテムとして使ったり、防災ボックスをつらい状況で開けることになった時の自分へ、応援メッセージを書き留めておくなど、さまざまな使い方ができるようになっている。

暮らしに寄り添えるようにと、本棚収納も可能なデザインが施されており、大切な人へのギフトとしてもおすすめだ。

©有限会社 西谷
©有限会社 西谷
©有限会社 西谷

こころ咲く BOUSAI BOX

【公式ECサイト】https://nishiya-bousai.stores.jp/

Top image: © 有限会社 西谷
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
「ネクストミーツ」より昨年リリースされたプラントベースの牛丼「NEXT牛丼」が缶詰になって登場。非常食としても大活躍する「NEXT牛丼CAN」。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
そのまま食べてもいいし、サラダを少し豪華にするためにこれをプラスオンするのもアリだし、缶詰ということを考えて非常食として常備するのもアリ。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
「ULTRA LUNCH合同会社」が開発したインスタントリゾット「ビバークレーション」。肉や魚はもちろん、乳製品、卵も含まないヴィーガン仕様のフリーズドラ...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。