「チーム」の成果を上げる、シンプルな5つのメソッド。

仕事は、ひとりではできません。大きなプロジェクトになればなるほど、たくさんの人が関わるようになっていきます。

規模の大小はあれど、人をまとめる立場になる機会は誰にでも訪れます。いざその機会がやってきたとき、あなたはチームをまとめる自信がありますか?Peter Economyさんは「Inc.com」で、チームを成功に導くための5つの秘密を紹介していました。

一見どれも簡単なことのように思えますが、実践することが何より大事。まずは心がけから始めてみるといいかもしれません。

01.
チームの
「スタンダード」を決める

お手本を示すのは、チームに「どうなってほしいか」を理解してもらう一番いい方法です。

時間を守る、責任感を持つ、締め切りを守る、協調性を持つなど、具体的なチームのスタンダードを決めましょう。

きっと、ひとりだけサボっているヒマなんかない、という空気が伝わるはずです。

02.
ミスは世界の終わりではないと
強調する

どんなに気をつけていても、ミスは起こるもの。実際の現場では、毎日がミスの連続です。リーダーの仕事は、そのミスがただのケアレスミスなのか、頻発する危険なミスなのかを判断すること。

頻発するミスの場合は、仕事のやり方自体に欠陥がある可能性があります。こうしたミスはチームが本当の能力を発揮できなくなるため、注意が必要です。

この2つをきちんと区別していれば、チームは失敗を恐れることもないし、常により良い仕事の方法を考えるようになるでしょう。

03.
成果は全体の前で褒める

いい仕事をしたときには、チーム全体が「いい仕事をした」という実感を持つことが大切です。メンバーの誰かが成果を上げたなら、全体の前で褒めて実感を持たせましょう。

他のメンバーにも「いい仕事」のお手本を具体的に見せることができ、一石二鳥です。

04.
干渉しすぎない

こまめな報告を求めたり、進捗を頻繁に確認するなど、干渉しすぎはチームマネージメントの失敗に直結します。

細かすぎる指示を出されてやる気が出る人はそうそういません。やり慣れて、よくわかっている仕事のときはなおさらです。

クリアすべきタスクを提示したら、あとは放っておきましょう。メンバーがどんな方法でそのタスクをクリアするかまでは、管理する必要はないのです。

ある程度自由な環境を与えたほうが、人は能力を発揮します。過程よりも結果を重視しましょう。

05.
フィードバックをする

フィードバックは、仕事の最も重要なポイントです。

リーダーがフィードバックにきちんと時間を取ることで、チームのメンバーそれぞれの仕事に関心を持っている、ということを示すことができます。

もちろん、良かった点、悪かった点を伝えることで仕事の能率が上がっていくのは言うまでもないでしょう。

Licensed material used with permission by I heart intelligence
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ビジネスカテゴリーの真面目な記事なのですが……。え〜と、日本人が使うとちょっぴりキザなセリフが多いです。
人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでし...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
良いリーダーになりたいのなら、何よりも先に部下を知る必要があります。そして彼らを知るために必要なのは、言わずもがなコミュニケーション。リーダーシップを磨き...
デキる大人とは「何かを成功へと導くために必要な能力、知識、スキルを持っている」と定義されていると「i heart intelligence」の中でJust...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
会社や学校・あるいはスポーツのチーム、十分なコミュニケーションは取れているでしょうか?実はチームワークの生産性を上げるために最も大きな影響を与えるのは、「...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...