リーダーに求められる5つの条件

人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでしょうか。リーダーに求められる条件をみていきましょう

1.どんな状況にあっても平常心を保つ

entrepreneur enjoys staying on the beach

取引先とのトラブルが起きたときなど、リーダーが動揺を見せていたら、部下はますます不安な気持ちが強くなって落ち着かなくなります。

仕事が手につかない、他の仕事のミスをするといった悪循環に陥り兼ねません。どんな状況下にあっても、リーダーが取り乱さずに、落ち着いて冷静に処理をしていくことによって、部下の気持ちの混乱は収まります。

また、リーダーがすぐに激昂するなど感情を出し過ぎていると、部下はリーダーの顔色をうかがって、仕事をするようになってしまいます。リーダーはどんなときでも、感情を出し過ぎずに、平常心を保って仕事に当たることが大切です。

2.失敗を恐れずに次の糧にしていく

やるかどうか考えている時間があったら、とりあえずやってみて失敗することで学べることがあります。リーダーが失敗を恐れていたら、部下が一歩前に進んでいく勇気を持つことはできません。

考えているだけでは、何もせずに時間が経過していくことに等しいです。部下に対しても、「失敗してもいいから挑戦しよう」という姿勢で臨むことで、チャレンジ精神にあふれたチームができます。

失敗は次の施策を考えるための糧とできれば、決して無駄ではありません。失敗を恐れずに突き進むことによって、ビジネスにスピード感が生まれ、結果が早くもたされることにも繋がっていくのです。

3.向上心を持って自己研鑽を積んでいく

自己研究

リーダーが現状の環境に満足していると、チームとしての成長は見込めません。リーダーが向上心を持って、仕事に取組む姿勢を見せることが大切です。目標を高く設定することで、そこに近づくための努力ができます。

目標を達成するためには、読書をする、セミナーに参加するとなど自己研鑽を積んで、知識を深めていくことも必要です。

リーダー自身が向上心を持って、前に進んで行かなければ、部下は後にはついてきません。リーダーは、チャンスをつかんだ先に可能性があることを信じて、チャレンジ精神を持って努力していく姿を部下に見せましょう。

4.自分に非があったら潔く認めて反省する

リーダーであっても、ときには誤った判断をしてしまうこともあります。部下に助けられるシーンもあるでしょう。そんなときに自分の非を認めることや感謝の気持ちを伝えることが大切です。いつも偉そうなことを言うだけで、間違った行動をとった結果、部下に負担を掛けても開き直った行動をとるばかりでは、次第に部下はついて来なくなります。

頭を下げてばかりのリーダーも威厳がありませんが、ときには潔く非を認めることが大切です。また、部下が失敗をしたときに話しづらいような報告も、隠ぺいしようとはせずに伝えやすい環境づくりにも役立ちます。

5.仕事を任せても失敗したときの責任はとる

責任はとる

チームの仕事が上手い方向に進まずにトラブルが起きたとき、周囲に言い訳をせずに責任をとるのは、リーダーの仕事です。なんのフォローもせず、部下に仕事を任せっぱなしにして、結果が得られたときだけ自分の成果とし、失敗は叱るだけで終わるようでは、部下からの信頼は得られません。

「何かあったらリーダーが責任を持って対処してくれる」そんな安心感があるからこそ、部下は仕事にチャレンジして邁進していけます。

また、責任をとりたくないからと、失敗しないように細かな指示を出し過ぎては、部下の成長が見込めなくなります。部下と信頼関係で結ばれるためには、仕事をある程度任せつつも、責任をとる姿勢を見せることが大切です。

ここまで挙げた5つの条件に共通するのは、リーダーが誠意を持って仕事に接していくことです。真摯に仕事に取り組んでいく姿勢をリーダーが見せることで、おのずと部下はついてきます。リーダーはビジネスの手本となる存在でありたいものです。

人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
どの組織にも存在する、リーダー。そのポジションの力量により、組織の士気は大きく変わります。では、より良い組織をつくるリーダーになるためには、どんな素質が必...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
ビジネスカテゴリーの真面目な記事なのですが……。え〜と、日本人が使うとちょっぴりキザなセリフが多いです。
心温まる動画をご紹介。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
あなたにとって、理想のリーダー像とは?的確な指示をくれる人、チーム員に優しい人、叱るべきときに叱ってくれる人など、それぞれ求めるリーダー像は違うでしょう。...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
良いリーダーになりたいのなら、何よりも先に部下を知る必要があります。そして彼らを知るために必要なのは、言わずもがなコミュニケーション。リーダーシップを磨き...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
負けず嫌いな性格の人は、それを表に出す・出さないに関わらず、周囲の人に対して競争心を持っている。これは想像に難くありませんね。ここでまとめているのは、そん...
仕事は、ひとりではできません。大きなプロジェクトになればなるほど、たくさんの人が関わるようになっていきます。規模の大小はあれど、人をまとめる立場になる機会...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
リーダーシップというと、強烈な個性で人を引っ張る人物を思い浮かべるかもしれません。しかし実際は、人の痛みを思いやることができ、人間的に尊敬される優しい人物...
現代では、チームのリーダーに女性が任命されることも少なくありません。中でも、子を持つ「母親」はそのポジションに最適なのだとか。そう主張するのは、ライターで...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
Gordon Tredgoldさんが「Inc.」にて紹介するのは、お互いに気持ち良くそしてスムーズに説明責任を果たせるメンバーを育てる方法。指導者向けの内...