素晴らしいリーダーは、時々「素晴らしい役者」でもある。

スティーブ・ジョブズが基調講演の時に「そして、もう一つあります…」という決まり文句を多用していたのには意味がある。

よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。

もちろん、違う人格を演じろといっているわけではない。ただ、瞬間瞬間をもっと意味があり、インパクトのあるものにするためには少しドラマ調にするのがコツだ。

Amazonなど数多くの企業レポートやビジネス書籍を手がけてきたジェフ・ヘイデン氏が「Inc.」に寄稿した記事を紹介していこう。少し長いけれど、最後には必ず「なるほど」と納得できるはず。

伝説のヒーローが取った行動

米国で、最大のモータースポーツ団体NASCAR。その元ドライバーであったリック・マストが、デール・アンハートについて話してくれた内容が印象的だ。

デールは、ただの伝説的ドライバーではなかった。リチャード・ペティ、ジミー・ジョンソンたちと共に、ビジネスとマーケテイングの帝国をもつくりあげたのだ。

90年代前半、リックはチャリティーイベントを主催し、注目を集める施策を探していた。そこで、当時、レース界のヒーローだったデールに参加を依頼したのだ。デールは同意したが、1つ条件を出した。それは、予定が詰まっているので、イベントに出席するのは、2時間だけというものだった。

リックは了承した。少しでも参加してもらえるなら全く来ないよりマシだと考えたからだ。

イベントでは長い行列ができた。デールは時間通りに来て、ファンと会ったりサイン会をしたりした。そして、2時間が経過しようとしていた時に、リックにチラリと視線を送った。

リックはその視線を読み取り、ロープを張りながら次のように言った。「申し訳ありません。この線より後ろの方たちは対応できません。まもなく時間切れです」と。

数百人の人が不満を言いながらもゆっくり離れていった。デールは、サインをしていた手を止め、ふと見上げると呟いた。「あれ?一体、どうしたんだい?」

その瞬間、全員が振り向いた。リックは混乱しながら言った。「デール、僕が時間切れって伝えたんだ」

「何だって?」デールは、声を荒げて言い放ったのだ。「君は時間切れかもしれないけど、俺はそうじゃない。全員に会うまでここを離れないぞ!」

お客さんは歓声をあげた。再び、すぐに長い列ができた。この瞬間、デール・アンハートは、熱烈なファンを数百人も増やしたのだ。

「もちろん、あの時は、私が悪者に見えたはず」と、リック。「でも、全然構わなかったのさ。それが、いつものデールだからね」

その話を聞いた時にピンときた。はじめから、デールは最後までいるつもりだったのだと。彼は、笑顔でサインをすることで、皆を幸せにしたのだ。

ただ、彼は少し演技をすることで、自分の存在をさらにインパクトのあるものに仕立て上げた。彼が「わざわざ残って」会ったファンは特別な気持ちになっただろう。実際、彼らのために残ったのではあるが。

その後、ファンたちはきっと友達にこう話しただろう「見ものだったよ。僕らは帰されるところだったんだけど、デールが割って入って、全員と会うまで帰らないと言ったんだよ!」

それは演技であり、きっと計算済みでもあった。でも、絶対的に効果的だったのだ。 

従業員との接し方にも
応用できる原理

同じ原理は、あなたの部下との接し方でも使える。

従業員表彰式をするとしよう。その際には、受賞者が他の人にシェアしたくなるイベントにすることがポイント。受賞者、参加者、時には、受賞者の家族のことまで考えて。シンプルな方法で、インパクトをより大きくすることが大切だなのだ。

もしくは、新しく従業員を採用する際も同じ。すぐにトレーナーに引き渡すのではなく、会社の仲間であるように感じてもらえる演出をすることだ。 どんなに小さなイベントであっても注目されるものにすれば、効率的なカタチで、会社の文化をつくり上げることができる。

ほとんどの従業員は社是については、一生、話さないかもしれない。

でも、あなたが従業員をどういう気持ちにさせたかについて、彼らは、ずっと覚えているだろうし、そのことをずっと話し続けることだろう。 

Licensed material used with permission by Inc.

関連する記事

ビジネスカテゴリーの真面目な記事なのですが……。え〜と、日本人が使うとちょっぴりキザなセリフが多いです。
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
良いリーダーになりたいのなら、何よりも先に部下を知る必要があります。そして彼らを知るために必要なのは、言わずもがなコミュニケーション。リーダーシップを磨き...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでし...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
リーダーシップというと、強烈な個性で人を引っ張る人物を思い浮かべるかもしれません。しかし実際は、人の痛みを思いやることができ、人間的に尊敬される優しい人物...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
出会ったばかりの人なのに、相手にすぐ覚えてもらえる人っていますよね?それってビジネスシーンだとかなり得。次に会った時も、声をかけられやすいですしね。という...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点が...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
どの組織にも存在する、リーダー。そのポジションの力量により、組織の士気は大きく変わります。では、より良い組織をつくるリーダーになるためには、どんな素質が必...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
廃タイヤを再利用するバッグブランド「SEAL」が、パラシュートメーカー「藤倉航装」とのコラボによって作り出した「藤倉航装/3way ビジネスバッグ AIR...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
あなたにとって、理想のリーダー像とは?的確な指示をくれる人、チーム員に優しい人、叱るべきときに叱ってくれる人など、それぞれ求めるリーダー像は違うでしょう。...