2020年の「小学一年生」が「将来就きたい仕事」とは?

ランドセル素材などに幅広く使用される人工皮革「クラリーノ」を製造・販売する「株式会社クラレ」が、この春に小学校に入学した子どもとその親を対象に「将来就きたい職業」「就かせたい職業」というアンケートを実施。先日、その結果が発表された。

それによると、子どもが「将来就きたい職業」の1位は、男の子が「スポーツ選手」女の子が「ケーキ屋・パン屋」だった。これは、調査が開始されて22年連続で同じ結果に。

なお、男の子の人気職業「スポーツ選手」の内訳は、サッカー、野球に続き、ラグビーが人気を集めた。ただし「スポーツ選手」の比率は2007年をピークに減少傾向にあり、2012年から9年連続2位の「警察官」がさらに差を詰めたという。そして「ユーチューバー」が初のトップ10にランクインし、「宇宙関係」(宇宙飛行士など)も過去最高の11位を記録した。

女の子の人気職業「ケーキ屋・パン屋」は、2位以下を大きく引き離してトップ。その内訳は、ケーキ屋パティシエが約8割を占めた。2位にはアイドル人気を背景に「芸能人・歌手・モデル」が入り、上位の職業に大きな変化はないものの、「看護師」「保育士」など、子どもたちにとって身近な職業が比率を伸ばしたという。

一方、男の子の親が「就かせたい職業」のトップは、調査開始以来、毎年3位内をキープしていた「スポーツ選手」が今年初めて4位となるが、1位は変わらず「公務員」。女の子の親が選んだトップは、調査開始から連続1位の「看護師」。なお、3位に「薬剤師」、4位に「医師」、5位に「医療関係」と、医療系の職業が引き続き人気を集めたという。

さて、たくさんの期待を背負う子どもたちが迎える未来は、一体どんなものになっているのだろうか。

株式会社クラレ

【公式ホームページ】https://www.kuraray.co.jp/

Top image: © iStock.com/CSA-Printstock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事