採用予定1000人!デルタ航空が来年に向けて客室乗務員を募集

米国「デルタ航空」が、先月26日、「2020年度に客室乗務員1000人あまりを採用する」と発表。

応募資格は、20年1月1日までに21歳以上で高卒以上の学歴か資格があり、米国で就労できることが条件。採用されると、アトランタのデルタワールドヘッドクォーターズで6週間の厳しいトレーニングを受けることに。

ただし、経済情報サイト「ビジネスインサイダー」は昨年の記事で「デルタ航空の客室乗務員になるのは、ハーバードに入学するより難しい」と記載。確かに、ここ数年来、同じように1000人規模の募集をおこなっているが、17年度の採用率は1%に満たなかったという。

採用後もフライトスケジュールに自分の時間を左右されることになり、しばらくはワーク・ライフ・バランスを保つのが難しいかもしれない。

それでも、世界中を飛び回る仕事を夢見たいというのであれば、このデルタ航空が提示したチャンスに懸けるのを誰も止めはしない。

Top image: © 2019 DELTA AIR LINES, INC.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
「JAL」は今年4月より新制服を導入した。同社の女性客室乗務員の制服としてははじめてとなるパンツスタイルの導入など注目のポイントが目白押し。
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
飛行機に乗っていると、客室乗務員同士でハンドサインのやりとりをしている様子をよく見かけます。その内容が気になったあるユーザーが「easyJetのハンドサイ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...