「デルタ航空」がペットのストレスを軽減する「専用ケージ」を提供開始

もっと愛犬愛猫との旅がしやすくなるように。

そんな想いから「デルタ航空」がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。

CarePodには、気候や温度の変化の影響を受けにくい外板が採用され、ストレス軽減のために複数のブラインドドアが装備。自動でボウルに水を入れてくれる水分補給システムや居場所を確認できるGPS追跡システムも搭載されているとのこと。

「ウチの子、元気にしているかな......」。そんな心配も、これなら少しは解消できそうだ。

現在は8カ所の空港で提供されており、今後、国内線全線にサービスを拡大していくという。

Top image: © Delta
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
8月26日、米国「デルタ航空」は2020年度の客室乗務員として1000人あまりを採用すると発表。応募資格は、20年1月1日までに21歳以上で高卒以上の学歴...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
「ニュージーランド航空」は、乗客がフライト中に実践できる「エクササイズ」を考案。12月1日より、国際線の機内エンターテインメント画面にて、ストレス緩和につ...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
2019年8月28日、米ユナイテッド航空がマイレージの有効期限を取り払うと発表。この決定により、ユーザーは貯めたマイルを一生涯使えることになり、ユナイテッ...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
「スカイスキャナー」が、航空券の未来の値動きを予測表示する「価格予測機能」をiOS版アプリで提供開始。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
大切な家族の一員である犬や猫を、食と住でサポート!
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
eVTOL航空機(垂直離着陸型航空機)の専用ハブ空港「Air-One」を試験運用する許可が降りたことが分かった。すべての移動手段が航空機になった場合、どれ...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
米・航空機大手「ボーイング」が、バイオ燃料だけで飛行する商用機の納入を2020年代末までに開始する方針を発表。航空業界を代表する大手企業による意欲的なコミ...
「ニュージーランド航空」が全身がすっぽり収まりフルフラットの睡眠エリアを擁するエコノミー「スカイネスト」を発表した。
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
ニューノーマルな空の旅に向けて、「カタール航空」が所有するエアバスA350の機内エンターテインメントシステムのタッチレス化を進めている